HWK 109-509は、第2次世界大戦時にメッサーシュミット Me163やBachem Ba 349に搭載されたドイツのロケットエンジンである。通称ヴァルター機関である。Hellmuth Walter Kommanditgesellschaftによって生産された。

Property Value
dbo:abstract
  • HWK 109-509は、第2次世界大戦時にメッサーシュミット Me163やBachem Ba 349に搭載されたドイツのロケットエンジンである。通称ヴァルター機関である。Hellmuth Walter Kommanditgesellschaftによって生産された。 (ja)
  • HWK 109-509は、第2次世界大戦時にメッサーシュミット Me163やBachem Ba 349に搭載されたドイツのロケットエンジンである。通称ヴァルター機関である。Hellmuth Walter Kommanditgesellschaftによって生産された。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1243493 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2345 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76493243 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • HWK 109-509は、第2次世界大戦時にメッサーシュミット Me163やBachem Ba 349に搭載されたドイツのロケットエンジンである。通称ヴァルター機関である。Hellmuth Walter Kommanditgesellschaftによって生産された。 (ja)
  • HWK 109-509は、第2次世界大戦時にメッサーシュミット Me163やBachem Ba 349に搭載されたドイツのロケットエンジンである。通称ヴァルター機関である。Hellmuth Walter Kommanditgesellschaftによって生産された。 (ja)
rdfs:label
  • HWK 109-509 (ja)
  • HWK 109-509 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:エンジン名(ジェット)_ of
is foaf:primaryTopic of