Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • HP 9000は、ヒューレット・パッカード(HP)社の一連のコンピュータシステムの総称である。最初のシステムは1982年に登場した シリーズ 520 である。それより以前の機種である HP 9836 は後に HP 9000 シリーズ 236 として編入された。HP 9000 の全ての機種は HP-UXオペレーティングシステムを動作させることができる。多くの機種はLinuxオペレーティングシステムも動作させることができる。いくつかの機種ではNEXTSTEPオペレーティングシステムが動作できる。当初、HP 9000 シリーズ 500 系列では、FOCUSアーキテクチャをベースとしていた。後に HP 9836 が編入され、HPはモトローラのM68kアーキテクチャを シリーズ200, 300, 400 で使用した。HPは独自のRISC設計であるPA-RISCに移行し、シリーズ 700, 800, 400 で使用している。現在のモデルはPA-RISCか、後継のIA-64アーキテクチャである。HPは1989年にアポロコンピュータ社を買収後にシリーズ 400をリリースしたが、これは Apollo 400 としても知られている。これらの機種はHP-UX以外にアポロのDomain/OSも動作した。2001年、HPは HP 9000 サーバの機種名のつけ方を変更した。Aクラスは rp2400s に、Lクラスは rp5400s に、Nクラスは rp7400s に変更された。"p" というプレフィックスは PA-RISCアーキテクチャを意味している。"x" は IA-64 を使った Integrity サーバを示す。なお、Integrity サーバはこの項目では扱っていない。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 342110 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7852 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46787621 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • HP 9000は、ヒューレット・パッカード(HP)社の一連のコンピュータシステムの総称である。最初のシステムは1982年に登場した シリーズ 520 である。それより以前の機種である HP 9836 は後に HP 9000 シリーズ 236 として編入された。HP 9000 の全ての機種は HP-UXオペレーティングシステムを動作させることができる。多くの機種はLinuxオペレーティングシステムも動作させることができる。いくつかの機種ではNEXTSTEPオペレーティングシステムが動作できる。当初、HP 9000 シリーズ 500 系列では、FOCUSアーキテクチャをベースとしていた。後に HP 9836 が編入され、HPはモトローラのM68kアーキテクチャを シリーズ200, 300, 400 で使用した。HPは独自のRISC設計であるPA-RISCに移行し、シリーズ 700, 800, 400 で使用している。現在のモデルはPA-RISCか、後継のIA-64アーキテクチャである。HPは1989年にアポロコンピュータ社を買収後にシリーズ 400をリリースしたが、これは Apollo 400 としても知られている。これらの機種はHP-UX以外にアポロのDomain/OSも動作した。2001年、HPは HP 9000 サーバの機種名のつけ方を変更した。Aクラスは rp2400s に、Lクラスは rp5400s に、Nクラスは rp7400s に変更された。"p" というプレフィックスは PA-RISCアーキテクチャを意味している。"x" は IA-64 を使った Integrity サーバを示す。なお、Integrity サーバはこの項目では扱っていない。
rdfs:label
  • HP 9000
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of