Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • HP-10C シリーズはヒューレット・パッカード(HP)が1981年から製造している電卓。"Voyager"シリーズとしても知られる。プログラム電卓であり、逆ポーランド記法が採用されている。シリーズで外装は似ているが、機能や対象となる市場はそれぞれの機種で大きく異なる。HPはカリフォルニア大学バークレー校のウィリアム・カハン教授(浮動小数点演算のIEEE 754標準策定の際のアーキテクト代表)を招聘し、数値演算のアルゴリズムを設計した。カハンは一部のマニュアルも書いた。このことにより、HP電卓は信頼性が高いと評価するユーザも多い。10C シリーズには5機種がある。発表時の価格と製造された期間は下記の通り。HP-10C – 初級向け関数電卓 ($80 1982-1984)HP-11C – 中級向け関数電卓 ($135 1981-1989)HP-12C – 金融電卓 ($150 1981-現在)HP-15C – 上級向け関数電卓 ($135 1982-1989)HP-16C – プログラマ向け関数電卓 ($150 1982-1989)HP-10C シリーズのプログラミングモードは直感的で、コンピュータのマクロ処理に似ており、基本的には、計算モードで入力したキーがそのままプログラミングモードに利用できる。また、無条件分岐や条件分岐も用意されている。プログラム入力が完了したら、そのプログラムを計算モードで実行することができる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1024871 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 23479 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59198033 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • HP-10C シリーズはヒューレット・パッカード(HP)が1981年から製造している電卓。"Voyager"シリーズとしても知られる。プログラム電卓であり、逆ポーランド記法が採用されている。シリーズで外装は似ているが、機能や対象となる市場はそれぞれの機種で大きく異なる。HPはカリフォルニア大学バークレー校のウィリアム・カハン教授(浮動小数点演算のIEEE 754標準策定の際のアーキテクト代表)を招聘し、数値演算のアルゴリズムを設計した。カハンは一部のマニュアルも書いた。このことにより、HP電卓は信頼性が高いと評価するユーザも多い。10C シリーズには5機種がある。発表時の価格と製造された期間は下記の通り。HP-10C – 初級向け関数電卓 ($80 1982-1984)HP-11C – 中級向け関数電卓 ($135 1981-1989)HP-12C – 金融電卓 ($150 1981-現在)HP-15C – 上級向け関数電卓 ($135 1982-1989)HP-16C – プログラマ向け関数電卓 ($150 1982-1989)HP-10C シリーズのプログラミングモードは直感的で、コンピュータのマクロ処理に似ており、基本的には、計算モードで入力したキーがそのままプログラミングモードに利用できる。また、無条件分岐や条件分岐も用意されている。プログラム入力が完了したら、そのプログラムを計算モードで実行することができる。
rdfs:label
  • HP-10Cシリーズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of