『HANA-BI』(はなび、米: Fireworks)は、1998年公開の日本映画。監督・脚本・編集・挿入画、北野武。主演はビートたけし。 妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。 第54回ヴェネツィア国際映画祭にて金獅子賞を受賞しており、日本映画の受賞作品は『無法松の一生』以来40年ぶりである。 キャッチコピーは「その時に抱きとめてくれるひとがいますか」。

Property Value
dbo:abstract
  • 『HANA-BI』(はなび、米: Fireworks)は、1998年公開の日本映画。監督・脚本・編集・挿入画、北野武。主演はビートたけし。 妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。 第54回ヴェネツィア国際映画祭にて金獅子賞を受賞しており、日本映画の受賞作品は『無法松の一生』以来40年ぶりである。 キャッチコピーは「その時に抱きとめてくれるひとがいますか」。 (ja)
  • 『HANA-BI』(はなび、米: Fireworks)は、1998年公開の日本映画。監督・脚本・編集・挿入画、北野武。主演はビートたけし。 妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。 第54回ヴェネツィア国際映画祭にて金獅子賞を受賞しており、日本映画の受賞作品は『無法松の一生』以来40年ぶりである。 キャッチコピーは「その時に抱きとめてくれるひとがいますか」。 (ja)
dbo:cinematography
dbo:country
dbo:director
dbo:distributor
dbo:editing
dbo:language
dbo:musicComposer
dbo:producer
dbo:starring
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 15720 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6978 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80718178 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
dbo:writer
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上映時間
  • 103 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • HANA-BI (ja)
  • HANA-BI (ja)
prop-ja:公開
  • --01-24
  • --03-20
  • --09-03
  • --11-05
prop-ja:出演者
prop-ja:撮影
prop-ja:監督
prop-ja:編集
prop-ja:脚本
  • 北野武 (ja)
  • 北野武 (ja)
prop-ja:製作
prop-ja:製作会社
prop-ja:言語
prop-ja:配給
  • 日本ヘラルド映画 (ja)
  • マイルストーン (ja)
  • 日本ヘラルド映画 (ja)
  • マイルストーン (ja)
prop-ja:音楽
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『HANA-BI』(はなび、米: Fireworks)は、1998年公開の日本映画。監督・脚本・編集・挿入画、北野武。主演はビートたけし。 妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。 第54回ヴェネツィア国際映画祭にて金獅子賞を受賞しており、日本映画の受賞作品は『無法松の一生』以来40年ぶりである。 キャッチコピーは「その時に抱きとめてくれるひとがいますか」。 (ja)
  • 『HANA-BI』(はなび、米: Fireworks)は、1998年公開の日本映画。監督・脚本・編集・挿入画、北野武。主演はビートたけし。 妻や同僚の生と死、そして妻との逃亡を敢行する一人の孤独な刑事の人生模様を描く。 第54回ヴェネツィア国際映画祭にて金獅子賞を受賞しており、日本映画の受賞作品は『無法松の一生』以来40年ぶりである。 キャッチコピーは「その時に抱きとめてくれるひとがいますか」。 (ja)
rdfs:label
  • HANA-BI (ja)
  • HANA-BI (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • HANA-BI (ja)
  • HANA-BI (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of