Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ハワード・チャンドラー・ロビンス・ランドン(Howard Chandler Robbins Landon, 1926年3月6日 - 2009年11月20日)は、アメリカ合衆国の音楽学者。モーツァルトやハイドンの専門家として国際的に名高く、一般的にH.C.ロビンス・ランドンとして知られている。マサチューセッツ州ボストンの出身であり、スワースモア大学とボストン大学で音楽を修める。その後ヨーロッパに渡り音楽評論家として活動した。1947年よりウィーンでハイドンについて研究し、その専門家として名を馳せるようになった。1955年に『ハイドンの交響曲(英語: Symphonies of Joseph Haydn)』を、1970年代末までに5巻の大著『ハイドン(英語: Haydn: Chronicle and Works)』を上梓した。また、ハイドンの作品の数々の校訂も手懸けた。ハイドンのほかに、モーツァルトやベートーヴェン、ヴィヴァルディといった18世紀の作曲家についても著作を残している。また、「バロココ(barococo)」という造語を創り出した。1994年にロビンス・ランドンが初めに「ハイドンの新発見のピアノソナタ」と断定した作品をめぐって論争の火蓋が切られたが、その後これらの楽曲は偽作であると結論された [1]。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1667597 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2348 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58483259 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ハワード・チャンドラー・ロビンス・ランドン(Howard Chandler Robbins Landon, 1926年3月6日 - 2009年11月20日)は、アメリカ合衆国の音楽学者。モーツァルトやハイドンの専門家として国際的に名高く、一般的にH.C.ロビンス・ランドンとして知られている。マサチューセッツ州ボストンの出身であり、スワースモア大学とボストン大学で音楽を修める。その後ヨーロッパに渡り音楽評論家として活動した。1947年よりウィーンでハイドンについて研究し、その専門家として名を馳せるようになった。1955年に『ハイドンの交響曲(英語: Symphonies of Joseph Haydn)』を、1970年代末までに5巻の大著『ハイドン(英語: Haydn: Chronicle and Works)』を上梓した。また、ハイドンの作品の数々の校訂も手懸けた。ハイドンのほかに、モーツァルトやベートーヴェン、ヴィヴァルディといった18世紀の作曲家についても著作を残している。また、「バロココ(barococo)」という造語を創り出した。1994年にロビンス・ランドンが初めに「ハイドンの新発見のピアノソナタ」と断定した作品をめぐって論争の火蓋が切られたが、その後これらの楽曲は偽作であると結論された [1]。
rdfs:label
  • H.C.ロビンス・ランドン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of