Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • H-21 ワークホース/ショーニー(H-21 Workhorse/Shawnee)は、1940年代にアメリカ合衆国のパイアセッキ・ヘリコプター社(後のボーイング・バートル社)で開発された4番目のタンデムローター式ヘリコプターである。一般的に「空飛ぶバナナ(flying banana)」とも呼ばれる本機は車輪、スキー、フロートを取り付けられる多用途ヘリコプターであった。H-21は低温の環境下でも良好な性能を発揮し、北極圏などでの救難活動にも使用された。
dbpedia-owl:aircraftUser
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1631957 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9617 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 174 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59057079 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • アメリカ陸軍のCH-21C
prop-ja:名称
  • パイアセッキ H-21
prop-ja:用途
  • 輸送ヘリコプター
prop-ja:画像
  • File:CH-21C_Shawnee_US_Army_in_flight.jpg
prop-ja:製造者
  • パイアセッキ・ヘリコプター
prop-ja:退役年月日
  • 1967 (xsd:integer)
prop-ja:運用者
prop-ja:運用開始年月日
  • 1949 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • H-21 ワークホース/ショーニー(H-21 Workhorse/Shawnee)は、1940年代にアメリカ合衆国のパイアセッキ・ヘリコプター社(後のボーイング・バートル社)で開発された4番目のタンデムローター式ヘリコプターである。一般的に「空飛ぶバナナ(flying banana)」とも呼ばれる本機は車輪、スキー、フロートを取り付けられる多用途ヘリコプターであった。H-21は低温の環境下でも良好な性能を発揮し、北極圏などでの救難活動にも使用された。
rdfs:label
  • H-21 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • パイアセッキ H-21
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of