Google ストリートビュー(グーグル ストリートビュー、英語: Google Street View)は、Googleが2007年に開始した世界中の道路沿いの風景をパノラマ写真で提供するインターネットサービスと店内版の撮影サービスである旧Google インドアビュー(海外では、Google Business View)を含めた総合的なブランド名称である。 公道版で提供されている写真は、ストリートビューカーと呼ばれ、専用に開発された自動車の屋根に搭載した全天球カメラで地上約2.45メートルから各地を走行しながら撮影している。自動車が入れない場所では撮影機材を三輪自転車に乗せて撮影し、自転車も走れない場所では人が撮影機材(トレッカー)を背負って歩いて撮影されている。 撮影エリアは世界中の都市や郊外をカバーし、日本では都市や住宅地はもちろん、離島や富士山の登山道までもカバーしている。 店内版は、一眼レフカメラに魚眼レンズを付け、専用の台座を使い、三脚に乗せて撮影をする。簡易型のRICOH THETAのようなでも撮影は可能である。Googleが直接撮影するパターンと、Googleから認定を受けたが、有償でお店から撮影費用をもらい撮影をするパターンがある。2018年4月現在、日本国内には、1320もの認定フォトグラファーが存在する。

Property Value
dbo:abstract
  • Google ストリートビュー(グーグル ストリートビュー、英語: Google Street View)は、Googleが2007年に開始した世界中の道路沿いの風景をパノラマ写真で提供するインターネットサービスと店内版の撮影サービスである旧Google インドアビュー(海外では、Google Business View)を含めた総合的なブランド名称である。 公道版で提供されている写真は、ストリートビューカーと呼ばれ、専用に開発された自動車の屋根に搭載した全天球カメラで地上約2.45メートルから各地を走行しながら撮影している。自動車が入れない場所では撮影機材を三輪自転車に乗せて撮影し、自転車も走れない場所では人が撮影機材(トレッカー)を背負って歩いて撮影されている。 撮影エリアは世界中の都市や郊外をカバーし、日本では都市や住宅地はもちろん、離島や富士山の登山道までもカバーしている。 店内版は、一眼レフカメラに魚眼レンズを付け、専用の台座を使い、三脚に乗せて撮影をする。簡易型のRICOH THETAのようなでも撮影は可能である。Googleが直接撮影するパターンと、Googleから認定を受けたが、有償でお店から撮影費用をもらい撮影をするパターンがある。2018年4月現在、日本国内には、1320もの認定フォトグラファーが存在する。 (ja)
  • Google ストリートビュー(グーグル ストリートビュー、英語: Google Street View)は、Googleが2007年に開始した世界中の道路沿いの風景をパノラマ写真で提供するインターネットサービスと店内版の撮影サービスである旧Google インドアビュー(海外では、Google Business View)を含めた総合的なブランド名称である。 公道版で提供されている写真は、ストリートビューカーと呼ばれ、専用に開発された自動車の屋根に搭載した全天球カメラで地上約2.45メートルから各地を走行しながら撮影している。自動車が入れない場所では撮影機材を三輪自転車に乗せて撮影し、自転車も走れない場所では人が撮影機材(トレッカー)を背負って歩いて撮影されている。 撮影エリアは世界中の都市や郊外をカバーし、日本では都市や住宅地はもちろん、離島や富士山の登山道までもカバーしている。 店内版は、一眼レフカメラに魚眼レンズを付け、専用の台座を使い、三脚に乗せて撮影をする。簡易型のRICOH THETAのようなでも撮影は可能である。Googleが直接撮影するパターンと、Googleから認定を受けたが、有償でお店から撮影費用をもらい撮影をするパターンがある。2018年4月現在、日本国内には、1320もの認定フォトグラファーが存在する。 (ja)
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:publisher
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1944983 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 75071 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81456987 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:title
  • 年月日とサービス対象エリアの一覧 (ja)
  • 年月日とサービス対象エリアの一覧 (ja)
prop-ja:titlestyle
  • background:#ddd (ja)
  • background:#ddd (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サポート状況
  • 継続中 (ja)
  • 継続中 (ja)
prop-ja:プログラミング言語
prop-ja:ロゴ
  • 128 (xsd:integer)
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • Google ストリートビュー (ja)
  • Google ストリートビュー (ja)
prop-ja:対応os
prop-ja:開発元
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Google ストリートビュー(グーグル ストリートビュー、英語: Google Street View)は、Googleが2007年に開始した世界中の道路沿いの風景をパノラマ写真で提供するインターネットサービスと店内版の撮影サービスである旧Google インドアビュー(海外では、Google Business View)を含めた総合的なブランド名称である。 公道版で提供されている写真は、ストリートビューカーと呼ばれ、専用に開発された自動車の屋根に搭載した全天球カメラで地上約2.45メートルから各地を走行しながら撮影している。自動車が入れない場所では撮影機材を三輪自転車に乗せて撮影し、自転車も走れない場所では人が撮影機材(トレッカー)を背負って歩いて撮影されている。 撮影エリアは世界中の都市や郊外をカバーし、日本では都市や住宅地はもちろん、離島や富士山の登山道までもカバーしている。 店内版は、一眼レフカメラに魚眼レンズを付け、専用の台座を使い、三脚に乗せて撮影をする。簡易型のRICOH THETAのようなでも撮影は可能である。Googleが直接撮影するパターンと、Googleから認定を受けたが、有償でお店から撮影費用をもらい撮影をするパターンがある。2018年4月現在、日本国内には、1320もの認定フォトグラファーが存在する。 (ja)
  • Google ストリートビュー(グーグル ストリートビュー、英語: Google Street View)は、Googleが2007年に開始した世界中の道路沿いの風景をパノラマ写真で提供するインターネットサービスと店内版の撮影サービスである旧Google インドアビュー(海外では、Google Business View)を含めた総合的なブランド名称である。 公道版で提供されている写真は、ストリートビューカーと呼ばれ、専用に開発された自動車の屋根に搭載した全天球カメラで地上約2.45メートルから各地を走行しながら撮影している。自動車が入れない場所では撮影機材を三輪自転車に乗せて撮影し、自転車も走れない場所では人が撮影機材(トレッカー)を背負って歩いて撮影されている。 撮影エリアは世界中の都市や郊外をカバーし、日本では都市や住宅地はもちろん、離島や富士山の登山道までもカバーしている。 店内版は、一眼レフカメラに魚眼レンズを付け、専用の台座を使い、三脚に乗せて撮影をする。簡易型のRICOH THETAのようなでも撮影は可能である。Googleが直接撮影するパターンと、Googleから認定を受けたが、有償でお店から撮影費用をもらい撮影をするパターンがある。2018年4月現在、日本国内には、1320もの認定フォトグラファーが存在する。 (ja)
rdfs:label
  • Google ストリートビュー (ja)
  • Google ストリートビュー (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Google ストリートビュー (ja)
  • Google ストリートビュー (ja)
is dbo:genre of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is foaf:primaryTopic of