Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Glasgow Coma Scale(GCS)(グラスゴー・コーマ・スケール)とは、1974年に英国のグラスゴー大学によって発表された意識障害の分類で、現在世界的に広く使用されるの評価分類スケールである。日本では主に脳神経外科領域で用いられることが多い。開眼・言語・運動の3分野に分けて記録し、意識状態を簡潔かつ的確に記録できる。なお、GCSが発表された後、エディンバラ大学は対抗してEdinburgh Coma Scaleを発表した。しかしながらそれを使用したのはエディンバラ大学に関係する医師に限られ、結局GCSが世界的に広がることとなった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 29515 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1034 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58206482 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Glasgow Coma Scale(GCS)(グラスゴー・コーマ・スケール)とは、1974年に英国のグラスゴー大学によって発表された意識障害の分類で、現在世界的に広く使用されるの評価分類スケールである。日本では主に脳神経外科領域で用いられることが多い。開眼・言語・運動の3分野に分けて記録し、意識状態を簡潔かつ的確に記録できる。なお、GCSが発表された後、エディンバラ大学は対抗してEdinburgh Coma Scaleを発表した。しかしながらそれを使用したのはエディンバラ大学に関係する医師に限られ、結局GCSが世界的に広がることとなった。
rdfs:label
  • Glasgow Coma Scale
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of