GUSOH(グソー)は、福井晴敏の小説『亡国のイージス』『Twelve Y. O.』『月に繭 地には果実(∀ガンダム)』に登場する架空の兵器。グソーとは「後生」の沖縄方言読みで、死後の世界すなわち冥界を意味する。 アメリカ軍が沖縄で極秘に開発した毒ガス兵器(化学兵器)である。作品中では「生物化学兵器」と称されているが、性質上「化学兵器」であるといえる。

Property Value
dbo:abstract
  • GUSOH(グソー)は、福井晴敏の小説『亡国のイージス』『Twelve Y. O.』『月に繭 地には果実(∀ガンダム)』に登場する架空の兵器。グソーとは「後生」の沖縄方言読みで、死後の世界すなわち冥界を意味する。 アメリカ軍が沖縄で極秘に開発した毒ガス兵器(化学兵器)である。作品中では「生物化学兵器」と称されているが、性質上「化学兵器」であるといえる。 (ja)
  • GUSOH(グソー)は、福井晴敏の小説『亡国のイージス』『Twelve Y. O.』『月に繭 地には果実(∀ガンダム)』に登場する架空の兵器。グソーとは「後生」の沖縄方言読みで、死後の世界すなわち冥界を意味する。 アメリカ軍が沖縄で極秘に開発した毒ガス兵器(化学兵器)である。作品中では「生物化学兵器」と称されているが、性質上「化学兵器」であるといえる。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 497492 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1384 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 77901625 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • GUSOH(グソー)は、福井晴敏の小説『亡国のイージス』『Twelve Y. O.』『月に繭 地には果実(∀ガンダム)』に登場する架空の兵器。グソーとは「後生」の沖縄方言読みで、死後の世界すなわち冥界を意味する。 アメリカ軍が沖縄で極秘に開発した毒ガス兵器(化学兵器)である。作品中では「生物化学兵器」と称されているが、性質上「化学兵器」であるといえる。 (ja)
  • GUSOH(グソー)は、福井晴敏の小説『亡国のイージス』『Twelve Y. O.』『月に繭 地には果実(∀ガンダム)』に登場する架空の兵器。グソーとは「後生」の沖縄方言読みで、死後の世界すなわち冥界を意味する。 アメリカ軍が沖縄で極秘に開発した毒ガス兵器(化学兵器)である。作品中では「生物化学兵器」と称されているが、性質上「化学兵器」であるといえる。 (ja)
rdfs:label
  • GUSOH (ja)
  • GUSOH (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of