GNUnetは分散型P2P通信のためのフリーソフトウェアフレームワークであり、公式のGNUプロジェクトのパッケージである。、、リソース割り当て、様々な手段での通信(TCP、UDP、HTTP、HTTPS、無線LAN)、基本的なP2Pアルゴリズムとしてルーティング、マルチキャスト、 機能を持つ。 GNUnetの基本的なネットワークトポロジーはメッシュネットワークである。GNUnetはに最適化されたKademliaの版分散ハッシュテーブルを内蔵している。GNUnetはユーザーの信頼された友人だけに通信を制限するためのトポロジーオプションを有する。ユーザーの「友人」の更に友人といった閉じたネットワーク上で、互いにIPアドレスを直接公開することなくファイル交換が可能である。 GNUnetはUniform Resource Identifier識別子(IANA未認可)を使用する。GNUnetのURIはモジュールとモジュール特有識別子の二つで構成される。GNUnetのURIはgnunet://module/identifierという形式であり、moduleがモジュール名でありidentifierがモジュール特有識別子である。 GNUnetはフレームワークの主なディストリビューションで様々なP2Pアプリケーションを提供し、追加プロジェクトの等がそれを拡張している。

Property Value
dbo:abstract
  • GNUnetは分散型P2P通信のためのフリーソフトウェアフレームワークであり、公式のGNUプロジェクトのパッケージである。、、リソース割り当て、様々な手段での通信(TCP、UDP、HTTP、HTTPS、無線LAN)、基本的なP2Pアルゴリズムとしてルーティング、マルチキャスト、 機能を持つ。 GNUnetの基本的なネットワークトポロジーはメッシュネットワークである。GNUnetはに最適化されたKademliaの版分散ハッシュテーブルを内蔵している。GNUnetはユーザーの信頼された友人だけに通信を制限するためのトポロジーオプションを有する。ユーザーの「友人」の更に友人といった閉じたネットワーク上で、互いにIPアドレスを直接公開することなくファイル交換が可能である。 GNUnetはUniform Resource Identifier識別子(IANA未認可)を使用する。GNUnetのURIはモジュールとモジュール特有識別子の二つで構成される。GNUnetのURIはgnunet://module/identifierという形式であり、moduleがモジュール名でありidentifierがモジュール特有識別子である。 コードの基礎はC言語で書かれているが、 の進展によりJavaにより拡張機能を開発するためのAPIも存在する。GNUnetは現在Linux、 BSD、 macOS、Solaris、 Windowsで動作する。 GNUnetはフレームワークの主なディストリビューションで様々なP2Pアプリケーションを提供し、追加プロジェクトの等がそれを拡張している。 (ja)
  • GNUnetは分散型P2P通信のためのフリーソフトウェアフレームワークであり、公式のGNUプロジェクトのパッケージである。、、リソース割り当て、様々な手段での通信(TCP、UDP、HTTP、HTTPS、無線LAN)、基本的なP2Pアルゴリズムとしてルーティング、マルチキャスト、 機能を持つ。 GNUnetの基本的なネットワークトポロジーはメッシュネットワークである。GNUnetはに最適化されたKademliaの版分散ハッシュテーブルを内蔵している。GNUnetはユーザーの信頼された友人だけに通信を制限するためのトポロジーオプションを有する。ユーザーの「友人」の更に友人といった閉じたネットワーク上で、互いにIPアドレスを直接公開することなくファイル交換が可能である。 GNUnetはUniform Resource Identifier識別子(IANA未認可)を使用する。GNUnetのURIはモジュールとモジュール特有識別子の二つで構成される。GNUnetのURIはgnunet://module/identifierという形式であり、moduleがモジュール名でありidentifierがモジュール特有識別子である。 コードの基礎はC言語で書かれているが、 の進展によりJavaにより拡張機能を開発するためのAPIも存在する。GNUnetは現在Linux、 BSD、 macOS、Solaris、 Windowsで動作する。 GNUnetはフレームワークの主なディストリビューションで様々なP2Pアプリケーションを提供し、追加プロジェクトの等がそれを拡張している。 (ja)
dbo:frequentlyUpdated
  • yes
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2766580 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 5860 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81058517 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • GTKユーザインタフェースのGNUnet (ja)
  • GTKユーザインタフェースのGNUnet (ja)
prop-ja:developer
  • GNUnet developers (ja)
  • GNUnet developers (ja)
prop-ja:frequentlyUpdated
  • yes (ja)
  • yes (ja)
prop-ja:genre
  • 匿名P2P, Friend-to-friend (ja)
  • 匿名P2P, Friend-to-friend (ja)
prop-ja:license
  • GNU AGPLv3またはそれ以降 (ja)
  • GNU AGPLv3またはそれ以降 (ja)
prop-ja:logo
  • 96 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • GNUnet (ja)
  • GNUnet (ja)
prop-ja:operatingSystem
  • 公式: フリーソフトウェアオペレーティングシステム ; 非公式: その他のオペレーティングシステム (ja)
  • 公式: フリーソフトウェアオペレーティングシステム ; 非公式: その他のオペレーティングシステム (ja)
prop-ja:programmingLanguage
prop-ja:released
  • November 5, 2001 (ja)
  • November 5, 2001 (ja)
prop-ja:screenshot
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:status
  • Active (ja)
  • Active (ja)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:最新評価版
  • 0.110000 (xsd:double)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • GNUnetは分散型P2P通信のためのフリーソフトウェアフレームワークであり、公式のGNUプロジェクトのパッケージである。、、リソース割り当て、様々な手段での通信(TCP、UDP、HTTP、HTTPS、無線LAN)、基本的なP2Pアルゴリズムとしてルーティング、マルチキャスト、 機能を持つ。 GNUnetの基本的なネットワークトポロジーはメッシュネットワークである。GNUnetはに最適化されたKademliaの版分散ハッシュテーブルを内蔵している。GNUnetはユーザーの信頼された友人だけに通信を制限するためのトポロジーオプションを有する。ユーザーの「友人」の更に友人といった閉じたネットワーク上で、互いにIPアドレスを直接公開することなくファイル交換が可能である。 GNUnetはUniform Resource Identifier識別子(IANA未認可)を使用する。GNUnetのURIはモジュールとモジュール特有識別子の二つで構成される。GNUnetのURIはgnunet://module/identifierという形式であり、moduleがモジュール名でありidentifierがモジュール特有識別子である。 GNUnetはフレームワークの主なディストリビューションで様々なP2Pアプリケーションを提供し、追加プロジェクトの等がそれを拡張している。 (ja)
  • GNUnetは分散型P2P通信のためのフリーソフトウェアフレームワークであり、公式のGNUプロジェクトのパッケージである。、、リソース割り当て、様々な手段での通信(TCP、UDP、HTTP、HTTPS、無線LAN)、基本的なP2Pアルゴリズムとしてルーティング、マルチキャスト、 機能を持つ。 GNUnetの基本的なネットワークトポロジーはメッシュネットワークである。GNUnetはに最適化されたKademliaの版分散ハッシュテーブルを内蔵している。GNUnetはユーザーの信頼された友人だけに通信を制限するためのトポロジーオプションを有する。ユーザーの「友人」の更に友人といった閉じたネットワーク上で、互いにIPアドレスを直接公開することなくファイル交換が可能である。 GNUnetはUniform Resource Identifier識別子(IANA未認可)を使用する。GNUnetのURIはモジュールとモジュール特有識別子の二つで構成される。GNUnetのURIはgnunet://module/identifierという形式であり、moduleがモジュール名でありidentifierがモジュール特有識別子である。 GNUnetはフレームワークの主なディストリビューションで様々なP2Pアプリケーションを提供し、追加プロジェクトの等がそれを拡張している。 (ja)
rdfs:label
  • GNUnet (ja)
  • GNUnet (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • GNUnet (ja)
  • GNUnet (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of