Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • GENI(ジニー、Global Environment for Network Innovations)とは、米国NSF(National Science Foundation)が計画中の次世代ネットワーク技術の長期的な開発プロジェクトの一部であり、実験のためのテストベッドとなるGENIバックボーンのことでもある。2015年~2020年の実現を想定して、今のインターネットとは全く関係しない、全ての技術を一から開発するポスト・インターネット技術の開発を目的にしている。2009年か2010年頃からのテスト環境の初稼動をめざして準備が進められている。2007年現在は米プリンストン大学のラリー・ピーターソン教授が中心となって設計が行なわれている。次世代ネットワークの新しい要素技術の開発はFIND(Future Internet Design)というNDFの別プロジェクトが担当する。NSFは予算要求段階ではあるが最初の5年間で36,700万ドルを拠出する予定である。日本でも情報通信研究機構(NICT)のAKARIと呼ばれる同様のプロジェクトがあり、欧州でもFP7(7th Framework Programme)がある。。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1237136 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 845 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 8 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54533166 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • GENI(ジニー、Global Environment for Network Innovations)とは、米国NSF(National Science Foundation)が計画中の次世代ネットワーク技術の長期的な開発プロジェクトの一部であり、実験のためのテストベッドとなるGENIバックボーンのことでもある。2015年~2020年の実現を想定して、今のインターネットとは全く関係しない、全ての技術を一から開発するポスト・インターネット技術の開発を目的にしている。2009年か2010年頃からのテスト環境の初稼動をめざして準備が進められている。2007年現在は米プリンストン大学のラリー・ピーターソン教授が中心となって設計が行なわれている。次世代ネットワークの新しい要素技術の開発はFIND(Future Internet Design)というNDFの別プロジェクトが担当する。NSFは予算要求段階ではあるが最初の5年間で36,700万ドルを拠出する予定である。日本でも情報通信研究機構(NICT)のAKARIと呼ばれる同様のプロジェクトがあり、欧州でもFP7(7th Framework Programme)がある。。
rdfs:label
  • GENI
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of