Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • GAZ-M20ポピェーダ(GAZ-M20 Pobeda ロシア語:ГАЗ-М20Победа、Победа)は、ソビエト連邦の国営自動車工場GAZによって開発され、1946年から1958年まで生産された中型乗用車である。愛称「ポピェーダ」(文献によっては「ポペーダ」「ポベーダ」)は「勝利者」の意味で、1945年に大祖国戦争(独ソ戦)に勝利したばかりの、当時のソ連における国威発揚的な意義があった。生産台数は23万台を超え、完全自国開発のオリジナルな乗用車としてはソ連で初めて大量生産されたモデルとなった。また前輪独立懸架とモノコック構造を採用し、絶対的な性能や品質水準は劣ったが、多くの面で曲がりなりにも同時代の西ヨーロッパ車に比肩するスペックを獲得した。以後GAZが開発していった上級モデルの「M12・ZIM」(1950年)や後継モデルの「M21・ヴォルガ」(1958年)に先立つ事例ともなり、ソ連における戦後の量産乗用車開発の基礎となった。なお1951年からポーランドの国営工場FSO(Fabryka Samochodów Osobowych)でも「ワルシャワ」のネームでライセンス生産され、こちらの生産は1973年まで続行、ソ連のオリジナルを越える25万台以上が生産された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3090041 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7541 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 131 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59138152 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • GAZ-M20ポピェーダ(GAZ-M20 Pobeda ロシア語:ГАЗ-М20Победа、Победа)は、ソビエト連邦の国営自動車工場GAZによって開発され、1946年から1958年まで生産された中型乗用車である。愛称「ポピェーダ」(文献によっては「ポペーダ」「ポベーダ」)は「勝利者」の意味で、1945年に大祖国戦争(独ソ戦)に勝利したばかりの、当時のソ連における国威発揚的な意義があった。生産台数は23万台を超え、完全自国開発のオリジナルな乗用車としてはソ連で初めて大量生産されたモデルとなった。また前輪独立懸架とモノコック構造を採用し、絶対的な性能や品質水準は劣ったが、多くの面で曲がりなりにも同時代の西ヨーロッパ車に比肩するスペックを獲得した。以後GAZが開発していった上級モデルの「M12・ZIM」(1950年)や後継モデルの「M21・ヴォルガ」(1958年)に先立つ事例ともなり、ソ連における戦後の量産乗用車開発の基礎となった。なお1951年からポーランドの国営工場FSO(Fabryka Samochodów Osobowych)でも「ワルシャワ」のネームでライセンス生産され、こちらの生産は1973年まで続行、ソ連のオリジナルを越える25万台以上が生産された。
rdfs:label
  • GAZ-M20 ポピェーダ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of