Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • G320国道(G320こくどう/国道320線、G320線)は中華人民共和国上海市から雲南省瑞麗市を結ぶ全長3695kmの中国の国道である。中国南部を東西に横断し、上海市、浙江省、江西省、湖南省、貴州省、雲南省の六つの省(直轄市)を通る。簡称は滬瑞線(こずいせん)である。昆明から瑞麗(開通当時は畹町市)までの区間は滇緬公路(てんめんこうろ)として1938年に開通した。上海~昆明間は概ね滬昆線に沿い、楚雄~大理間は広大線に沿っている。瑞麗市で姐告口岸を通じてミャンマーの道路と接続している。なお、萍郷市湘東区の黄花橋区間は交通事故が多発して「魔鬼地帯」の異名を持ち、国家安全生産監督管理局により中国全土での29箇所の危険な道路とされた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2173901 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4831 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 183 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59257349 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • G320国道(G320こくどう/国道320線、G320線)は中華人民共和国上海市から雲南省瑞麗市を結ぶ全長3695kmの中国の国道である。中国南部を東西に横断し、上海市、浙江省、江西省、湖南省、貴州省、雲南省の六つの省(直轄市)を通る。簡称は滬瑞線(こずいせん)である。昆明から瑞麗(開通当時は畹町市)までの区間は滇緬公路(てんめんこうろ)として1938年に開通した。上海~昆明間は概ね滬昆線に沿い、楚雄~大理間は広大線に沿っている。瑞麗市で姐告口岸を通じてミャンマーの道路と接続している。なお、萍郷市湘東区の黄花橋区間は交通事故が多発して「魔鬼地帯」の異名を持ち、国家安全生産監督管理局により中国全土での29箇所の危険な道路とされた。
rdfs:label
  • G320国道
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of