Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『FACELESS MAN』(フェイスレス・マン)は、日本のロックバンドであるTHE BOOMが発表した5枚目のオリジナル・アルバム。1993年8月21日発売。ボーカル宮沢和史が前年のディック・リーのミュージカル「ナガランド」に参加してバリ島を訪れた際、このアルバムのアイデアが浮かんだという。アルバム自体が一つの物語のようになっており、アジアのある王国の物語を舞台にしている。ジャンルはロックであるものの、収録曲は沖縄民謡、ロック、ポエットリーディング、ファンク、ゴスペルなど多種多様。さらに、このアルバムでは外部のプロデューサーとして久保田麻琴、R.J.W.、朝本浩文を招いた。またサポートミュージシャンも以前はホーン・セクションやキーボードなど最小限に限っていたが、今回はチト河内などのパーカッショニストも参加し、「いいあんべえ(毛遊び)〜唐船ドーイ(沖縄民謡)」ではチャンプルーズのメンバーと共演(チャンプルーズのリーダーである喜納昌吉の名も、"Special Thanks"としてクレジットされた)。コンサートに至ってはダンサー(前年の宮沢が参加したミュージカルで共演した人たち)も参加した。このあたりからBOOMは4人ではなく、他のミュージシャンやダンサーをも含めた「大所帯のバンド」だと宮沢は認識するようになった。これは彼らの音楽の幅がさらに広がったということを意味すると同時に、もはや4人では(あるいは最小限のサポートミュージシャンを加えるだけでは)彼らの音楽は表現できないということも意味している。なお、このアルバムは2005年8月3日にデジタル・リマスタリングされた紙ジャケット仕様のアルバムとして再発売された。ボーナス・トラックとして「de ja vu」(シングル「月さえも眠る夜」のカップリング)と「18時」(シングル「真夏の奇蹟」に収録のオリジナル・ヴァージョン)が収録されている。
dbpedia-owl:artist
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:position
dbpedia-owl:previousWork
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:title
  • FACELESS MAN
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 920260 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58599782 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:chartPosition
  • *5位(オリコン)
prop-ja:genre
prop-ja:label
prop-ja:lastAlbum
prop-ja:length
  • 68 (xsd:integer)
prop-ja:misc
  • --04-21
prop-ja:name
  • FACELESS MAN
prop-ja:nextAlbum
prop-ja:producer
  • THE BOOM、久保田麻琴、R.J.W.、朝本浩文
prop-ja:released
  • --08-21
prop-ja:thisAlbum
  • (1993年)
  • FACELESS MAN
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『FACELESS MAN』(フェイスレス・マン)は、日本のロックバンドであるTHE BOOMが発表した5枚目のオリジナル・アルバム。1993年8月21日発売。ボーカル宮沢和史が前年のディック・リーのミュージカル「ナガランド」に参加してバリ島を訪れた際、このアルバムのアイデアが浮かんだという。アルバム自体が一つの物語のようになっており、アジアのある王国の物語を舞台にしている。ジャンルはロックであるものの、収録曲は沖縄民謡、ロック、ポエットリーディング、ファンク、ゴスペルなど多種多様。さらに、このアルバムでは外部のプロデューサーとして久保田麻琴、R.J.W.、朝本浩文を招いた。またサポートミュージシャンも以前はホーン・セクションやキーボードなど最小限に限っていたが、今回はチト河内などのパーカッショニストも参加し、「いいあんべえ(毛遊び)〜唐船ドーイ(沖縄民謡)」ではチャンプルーズのメンバーと共演(チャンプルーズのリーダーである喜納昌吉の名も、"Special Thanks"としてクレジットされた)。コンサートに至ってはダンサー(前年の宮沢が参加したミュージカルで共演した人たち)も参加した。このあたりからBOOMは4人ではなく、他のミュージシャンやダンサーをも含めた「大所帯のバンド」だと宮沢は認識するようになった。これは彼らの音楽の幅がさらに広がったということを意味すると同時に、もはや4人では(あるいは最小限のサポートミュージシャンを加えるだけでは)彼らの音楽は表現できないということも意味している。なお、このアルバムは2005年8月3日にデジタル・リマスタリングされた紙ジャケット仕様のアルバムとして再発売された。ボーナス・トラックとして「de ja vu」(シングル「月さえも眠る夜」のカップリング)と「18時」(シングル「真夏の奇蹟」に収録のオリジナル・ヴァージョン)が収録されている。
rdfs:label
  • FACELESS MAN
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:album of
is dbpedia-owl:previousWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:album of
is prop-ja:lastAlbum of
is prop-ja:nextAlbum of
is foaf:primaryTopic of