Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • F-5は、アメリカ合衆国のノースロップ社が1950年代に開発した戦闘機。小型軽量で取得や運用も容易であったため、冷戦当時にアジアやアフリカ、南アメリカなどのアメリカと友好的な発展途上国にも大量に輸出された。愛称はA/B型がフリーダム・ファイター(Freedom Fighter)、改良型のE/F型はタイガーII(Tiger II)。姉妹機として、練習機型のT-38 タロンが存在する。また、量産・配備には至らなかったものの、1980年代には本機の後継機としてF-20 タイガーシャークが計画され、3機が試作された。
dbpedia-owl:firstFlight
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 2236 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 227462 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16607 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 322 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59203949 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • CF-5A(CF-116)
  • F-5E タイガーIII
  • F-5N
  • F-5S
  • NASAのSSBD用に改造されたF-5E
  • RF-5A
  • RF-5E タイガーアイ
  • SF-5B
prop-ja:direction
  • vertical
prop-ja:image
  • CASA SF-5B Freedom Fighter - AE9-027 - Chris Lofting.jpg
  • Northrop RF-5E of the Malaysian Air Force 061006-F-1234S-079.jpg
  • Chile Air Force Northrop F-5E Tigre III Lofting-1.jpg
  • Cf-116 CFB Borden.jpg
  • F-5E Shaped Sonic Boom Demonstration aircraft.jpg
  • Maverick armed RSAF F-5S.jpg
  • İstanbul 5382.jpg
  • F-5N of VFC-111 at NAS Key West in November 2014.JPG
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アビオニクス
  • AN/APQ-153 火器管制レーダー(F-5E初期型)
  • 火器管制レーダー(F-5E後期型)
prop-ja:アフターバーナー作動時推力Fp
  • 5000 (xsd:integer)
prop-ja:アフターバーナー作動時推力Si
  • 22kN
prop-ja:エンジン名(ジェット)_
prop-ja:エンジン数(ジェット)_
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:エンジン種類(ジェット)_
prop-ja:キャプション
  • 編隊を組んで飛行するF-5
prop-ja:ジェットOrプロペラ?_
  • ジェット
prop-ja:スパンFp
  • 812.8000000000001
prop-ja:スパンSi
  • 8.13m
prop-ja:ミサイル
prop-ja:ユニットコスト
  • F-5E:210万USドル
prop-ja:上昇率Si
  • 10516 (xsd:integer)
prop-ja:上昇限度Fp
  • 51800.0
prop-ja:上昇限度Si
  • 15,789m
prop-ja:乗員
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:全長Fp
  • 1468.12
prop-ja:全長Si
  • 14.68m
prop-ja:全高Fp
  • 406.40000000000003
prop-ja:全高Si
  • 4.06m
prop-ja:出典
  • --05-31
prop-ja:初飛行年月日
  • --07-30
prop-ja:名称
  • ノースロップ F-5
prop-ja:固定武装
  • M39A2 20mmリヴォルヴァーカノン×2門(弾薬 各280発)
prop-ja:固定翼Or回転翼?_
  • 固定翼
prop-ja:戦闘行動半径Si
  • (最大燃料+AIM-9×2基)
prop-ja:推力Fp
  • 3500 (xsd:integer)
prop-ja:推力Si
  • 16kN
prop-ja:最大速度Fp
  • 941 (xsd:integer)
prop-ja:最大速度Si
  • 1743.0
prop-ja:最大離陸重量Fp
  • 24676.0
prop-ja:最大離陸重量Si
  • 11193.0
prop-ja:爆弾
  • Mk.82/84無誘導爆弾、CBU-24/49/52/58クラスター爆弾など
  • ハードポイント5ヶ所、計3,175kg(7,000lbs)
prop-ja:生産数
  • 2236 (xsd:integer)
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • ファイル:Three F-5E agressors from Alconbury 1983.jpg
prop-ja:空虚重量Fp
  • 9683.0
prop-ja:空虚重量Si
  • 4392.0
prop-ja:製造者
prop-ja:運用時重量Fp
  • 13350.0
prop-ja:運用時重量Si
  • 6055.0
prop-ja:運用状況
  • 現役
prop-ja:運用者More
  • ** (空軍・海軍・海兵隊) ** (フィリピン空軍) ** (中華民国空軍)他
prop-ja:面積Fp
  • 186 (xsd:integer)
prop-ja:面積Si
  • 17.280000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • F-5は、アメリカ合衆国のノースロップ社が1950年代に開発した戦闘機。小型軽量で取得や運用も容易であったため、冷戦当時にアジアやアフリカ、南アメリカなどのアメリカと友好的な発展途上国にも大量に輸出された。愛称はA/B型がフリーダム・ファイター(Freedom Fighter)、改良型のE/F型はタイガーII(Tiger II)。姉妹機として、練習機型のT-38 タロンが存在する。また、量産・配備には至らなかったものの、1980年代には本機の後継機としてF-20 タイガーシャークが計画され、3機が試作された。
rdfs:label
  • F-5 (戦闘機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ノースロップ F-5
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:aircraftFighter of
is prop-ja:aircraftRecon of
is foaf:primaryTopic of