Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • F-2(エフに、エフツー)は、F-1の後継として開発された日本・航空自衛隊の戦闘機である。1995年(平成7年)に初飛行を行い、2000年(平成12年)から部隊配備を開始した。公式な愛称ではないが、関係者やファンからは「平成の零戦」や「バイパーゼロ」などと呼ばれることがある。
dbpedia-owl:aircraftType
  • 支援戦闘機(旧)/戦闘機(現)
dbpedia-owl:aircraftUser
dbpedia-owl:firstFlight
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 94 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 26237 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 47311 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 600 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59189201 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • left
prop-ja:caption
  • 93 (xsd:integer)
  • dbpedia-ja:JDAM
  • F-2の計器、フライトコントロールパネル とマルチファンクションディスプレイセット
  • 多種のスイッチ類が取り付けられている
  • F-2の操縦桿
  • GD社のF-16
  • MD社のF/A-18C
  • Mk.82(GCS-1装備型)の試験弾
  • F-2の計器盤とヘッドアップディスプレイ
  • パナビア社のトーネード IDS
prop-ja:direction
  • horizontal
prop-ja:image
  • 500 (xsd:integer)
  • F-2B-T93ASM.jpg
  • F2Cockpit instrument GAB002.JPG.jpg
  • F2Cockpit_instrument_GAB001.JPG
  • F2Stick GAB001.jpg
  • Lechfeld Elite 2008 166.jpg
  • Mk82GCS-1 GAB001.jpg
  • US Navy 011026-F-4884R-006 U.S. Navy F-A-18 prepares for aerial refueling.jpg
  • Belgian military F-16 Fighting Falcon conducts a combat patrol over Afghanistan.JPG
prop-ja:width
  • 200 (xsd:integer)
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他の性能
  • * 戦闘行動半径: 450海里 ,830km(ASM-2×4, AAM-3×2, 600gl増槽×2)
prop-ja:その他の諸元
  • * 機内燃料容量: 4,750L *機体寿命: 6,000飛行時間以上
prop-ja:アビオニクス
  • **J/APG-1またはJ/APG-2 火器管制レーダー **AN/APX-113 先進敵味方識別装置 **J/ASW-20 データリンク装置 **J/ARC-26 無線機 **J/ARC-701 VHF/UHF通信装置 **J/ASQ-2 統合電子戦システム
prop-ja:アフターバーナー作動時推力Fp
  • 13380.0
prop-ja:アフターバーナー作動時推力Si
  • 131.23kN
prop-ja:エンジン名(ジェット)_
prop-ja:エンジン数(ジェット)_
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:エンジン種類(ジェット)_
prop-ja:キャプション
  • F-2A
  • 築城基地第6飛行隊所属機
prop-ja:ジェットOrプロペラ?_
  • ジェット
prop-ja:スパンSi
  • 11.130000 (xsd:double)
prop-ja:フェリーレンジSi
  • 4000.0
prop-ja:ペイロードSi
  • 8085.0
prop-ja:ミサイル
  • ** 短射程空対空ミサイル *** AIM-9L *** 90式空対空誘導弾 ** 中射程空対空ミサイル *** AIM-7F/M *** 99式空対空誘導弾 ** 空対艦ミサイル *** 80式空対艦誘導弾 :アクティブ・レーダー誘導方式 *** 93式空対艦誘導弾 :画像赤外線誘導方式
prop-ja:ユニットコスト
  • 約120億-130億円(推定)
prop-ja:ロケット弾
  • ** J/LAU-3ロケット弾ポッド:70mmロケット弾19発搭載 ** LR-4ロケット弾ポッド:127mmロケット弾4発搭載
prop-ja:乗員
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:全長Si
  • 15.52m
prop-ja:全高Si
  • 4.96m
prop-ja:分類
prop-ja:初飛行年月日
  • --10-07
prop-ja:名称
  • 三菱 F-2
prop-ja:固定武装
  • JM61A1 20mmバルカン砲×1:装弾数512発
prop-ja:固定翼Or回転翼?_
  • 固定翼
prop-ja:推力Fp
  • 7710.0
prop-ja:推力Si
  • 75.62kN
prop-ja:最大速度Si
  • マッハ2.0
prop-ja:最大離陸重量Si
  • 22100.0
prop-ja:爆弾
  • ** Mk.82 500lb通常爆弾:無誘導 ** 91式爆弾用誘導装置 (GCS-1)装備型Mk.82 500lb誘導爆弾:赤外線誘導方式 ** CBU-87/B クラスター爆弾:無誘導 ** JDAM 500lb誘導爆弾:GPS及び慣性誘導方式
prop-ja:生産数
  • 94 (xsd:integer)
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • 画像:F-2A at Tsuiki.jpg
prop-ja:空虚重量Si
  • 9527.0
prop-ja:製造者
prop-ja:運用状況
  • 戦闘機部隊(3個飛行隊)と操縦教育訓練部隊(1個飛行隊)に配備
prop-ja:運用者
  • (航空自衛隊)
prop-ja:運用開始年月日
  • 2000 (xsd:integer)
prop-ja:面積Si
  • 34.84
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • F-2(エフに、エフツー)は、F-1の後継として開発された日本・航空自衛隊の戦闘機である。1995年(平成7年)に初飛行を行い、2000年(平成12年)から部隊配備を開始した。公式な愛称ではないが、関係者やファンからは「平成の零戦」や「バイパーゼロ」などと呼ばれることがある。
rdfs:label
  • F-2 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 三菱 F-2
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of