Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ESA/390 (Enterprise Systems Architecture/390、エンタープライズ・システム・アーキテクチャ/390)は、IBMが1990年に発表したアーキテクチャである。ESA/390は、IBMの最後の31ビットアドレス/32ビットデータのIBMメインフレーム用のアーキテクチャであり、アムダール、日立製作所、富士通などが互換機を製造した。System/370およびS/370-XA、ESA/370の後継であり、2000年に64ビットのz/Architectureに引き継がれた。ESA/390アーキテクチャをサポートしたマシンは、1990年代にIBM S/390のブランドで販売された。IBM S/390シリーズはCPUの実装に最初はバイポーラを採用し、後にCMOSに移行した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1657939 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4794 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 29745108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:bits
  • 31 (xsd:integer)
prop-ja:design
  • CISC
prop-ja:designer
prop-ja:encoding
  • Fixed
prop-ja:endianness
  • Big
prop-ja:fpr
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:gpr
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:introduced
  • 1990 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ESA/390
prop-ja:type
  • Register-Memory/Memory-Memory
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ESA/390 (Enterprise Systems Architecture/390、エンタープライズ・システム・アーキテクチャ/390)は、IBMが1990年に発表したアーキテクチャである。ESA/390は、IBMの最後の31ビットアドレス/32ビットデータのIBMメインフレーム用のアーキテクチャであり、アムダール、日立製作所、富士通などが互換機を製造した。System/370およびS/370-XA、ESA/370の後継であり、2000年に64ビットのz/Architectureに引き継がれた。ESA/390アーキテクチャをサポートしたマシンは、1990年代にIBM S/390のブランドで販売された。IBM S/390シリーズはCPUの実装に最初はバイポーラを採用し、後にCMOSに移行した。
rdfs:label
  • ESA/390
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:supportedPlatforms of
is foaf:primaryTopic of