Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • エルンスト・テオドール・アマデウス・ホフマン(Ernst Theodor Amadeus Hoffmann, 1776年1月24日 - 1822年6月25日)はドイツの作家、作曲家、音楽評論家、画家、法律家。文学、音楽、絵画と多彩な分野で才能を発揮したが、現在では主に後期ロマン派を代表する幻想文学の奇才として知られている。本名はエルンスト・テオドール・ヴィルヘルム・ホフマン(Ernst Theodor Wilhelm Hoffmann)であったが、敬愛するウォルフガング・アマデウス・モーツァルトにあやかってこの筆名を用いた(伯父と同じ名前を嫌ったとも言われる)。ケーニヒスベルクの法律家の家系に生まれ、自らも法律を学んで裁判官となるが、その傍らで芸術を愛好し詩作や作曲、絵画制作を行なっていた。1806年にナポレオンの進軍によって官職を失うとバンベルクで劇場監督の職に就き、舞台を手がける傍らで音楽雑誌に小説、音楽評論の寄稿を開始。1814年に判事に復職したのちも裁判官と作家との二重生活を送り、病に倒れるまで旺盛な作家活動を続けた。小説では自動人形やドッペルゲンガーといった不気味なモチーフを用い、現実と幻想とが入り混じる特異な文学世界を作り出した。また当時のロマン派作家の多くが田舎の田園風景を称揚したのに対し、都会生活を好んで描いたことにも特徴がある。
dbpedia-owl:birthName
  • エルンスト・テオドール・ヴィルヘルム・ホフマン
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1822-06-25 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:movement
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 135896 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14365 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 165 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58911728 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • --01-24
prop-ja:birthName
  • エルンスト・テオドール・ヴィルヘルム・ホフマン
prop-ja:birthPlace
  • border|22x20pxプロイセン王国、ケーニヒスベルク
  • (現、カリーニングラード)
prop-ja:caption
  • E・T・A・ホフマン自画像
prop-ja:deathDate
  • 1822-06-25 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
prop-ja:debutWorks
  • 「騎士グルック」(1809年)
prop-ja:genre
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:movement
prop-ja:name
  • E.T.A.Hoffmann
  • E・T・A・ホフマン
prop-ja:notableWorks
  • 『ブランビラ王女』(1820年)
  • 『牡猫ムルの人生観』(1820年)
  • 『砂男』(1815年)
  • 『蚤の親方』(1822年)
  • 『黄金の壺』(1814年)
prop-ja:occupation
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • エルンスト・テオドール・アマデウス・ホフマン(Ernst Theodor Amadeus Hoffmann, 1776年1月24日 - 1822年6月25日)はドイツの作家、作曲家、音楽評論家、画家、法律家。文学、音楽、絵画と多彩な分野で才能を発揮したが、現在では主に後期ロマン派を代表する幻想文学の奇才として知られている。本名はエルンスト・テオドール・ヴィルヘルム・ホフマン(Ernst Theodor Wilhelm Hoffmann)であったが、敬愛するウォルフガング・アマデウス・モーツァルトにあやかってこの筆名を用いた(伯父と同じ名前を嫌ったとも言われる)。ケーニヒスベルクの法律家の家系に生まれ、自らも法律を学んで裁判官となるが、その傍らで芸術を愛好し詩作や作曲、絵画制作を行なっていた。1806年にナポレオンの進軍によって官職を失うとバンベルクで劇場監督の職に就き、舞台を手がける傍らで音楽雑誌に小説、音楽評論の寄稿を開始。1814年に判事に復職したのちも裁判官と作家との二重生活を送り、病に倒れるまで旺盛な作家活動を続けた。小説では自動人形やドッペルゲンガーといった不気味なモチーフを用い、現実と幻想とが入り混じる特異な文学世界を作り出した。また当時のロマン派作家の多くが田舎の田園風景を称揚したのに対し、都会生活を好んで描いたことにも特徴がある。
rdfs:label
  • E.T.A.ホフマン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • E.T.A.Hoffmann
  • E・T・A・ホフマン
is dbpedia-owl:basedOn of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:原作 of
is foaf:primaryTopic of