Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Obice da 75/18 modello 34は第二次世界大戦でイタリア軍が使用した大砲である。名称は1934年式18口径75mm榴弾砲(obice=榴弾砲、daは性質や補足事項を表す前置詞)を表す。イタリアは山が多いので、イタリア軍は山砲に対する関心が高かった。1930年代には、イタリアの山砲の大半は時代遅れになっていた。1934年にイタリアのアンサルド社が新しい山砲を設計した。Obice da 75/18 modello 34は輸送のために8個の部品に分解することができた。補給のために通常の砲兵部隊でも軽榴弾砲として使用された。外貨獲得のためにポルトガルや南米にも輸出された。後にはセモヴェンテ da 75/18の主砲に採用され成形炸薬弾による対戦車戦闘にも使用された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1512888 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1173 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 17 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57877192 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Obice da 75/18 modello 34は第二次世界大戦でイタリア軍が使用した大砲である。名称は1934年式18口径75mm榴弾砲(obice=榴弾砲、daは性質や補足事項を表す前置詞)を表す。イタリアは山が多いので、イタリア軍は山砲に対する関心が高かった。1930年代には、イタリアの山砲の大半は時代遅れになっていた。1934年にイタリアのアンサルド社が新しい山砲を設計した。Obice da 75/18 modello 34は輸送のために8個の部品に分解することができた。補給のために通常の砲兵部隊でも軽榴弾砲として使用された。外貨獲得のためにポルトガルや南米にも輸出された。後にはセモヴェンテ da 75/18の主砲に採用され成形炸薬弾による対戦車戦闘にも使用された。
rdfs:label
  • Da 75/18
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of