Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • DShK38重機関銃(DShK38じゅうきかんじゅう、ロシア語: ДШК:Дегтярёва-Шпагина Крупнокалиберный、デグチャレフ=シュパーギン大口径)は、ソビエト連邦製の対空用重機関銃である。しばしば対人でも使用される。この重機関銃は、ヴァシーリー・デグチャレフが基礎設計を行い、ゲオルギー・シュパーギンが装弾機構を改良した。愛称はDushka(デュシーカ、デシーカ)で、ベトナムでこれと遭遇したアメリカ軍は、Dush-K(ダッシュK)などと呼んだ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 748393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5003 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 143 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59070265 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:作動方式
  • ガス圧式
prop-ja:使用弾薬
  • 12.700000 (xsd:double)
prop-ja:全長
  • 1625.0
prop-ja:口径
  • 12.7
prop-ja:名称
  • DShK38重機関銃
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 600 (xsd:integer)
prop-ja:種類
prop-ja:装弾数
  • ベルト給弾式50発
prop-ja:設計・製造
prop-ja:説明
  • 車輪と防盾の付いた銃架に装着されたDShK38
prop-ja:重量
  • 車輪付き銃架込み:157kg
  • 銃本体:34kg
prop-ja:銃口初速
  • 850.0
prop-ja:銃身長
  • 1070.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • DShK38重機関銃(DShK38じゅうきかんじゅう、ロシア語: ДШК:Дегтярёва-Шпагина Крупнокалиберный、デグチャレフ=シュパーギン大口径)は、ソビエト連邦製の対空用重機関銃である。しばしば対人でも使用される。この重機関銃は、ヴァシーリー・デグチャレフが基礎設計を行い、ゲオルギー・シュパーギンが装弾機構を改良した。愛称はDushka(デュシーカ、デシーカ)で、ベトナムでこれと遭遇したアメリカ軍は、Dush-K(ダッシュK)などと呼んだ。
rdfs:label
  • DShK38重機関銃
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of