Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • DNA複製(ディーエヌエイふくせい、英: DNA replication)は、細胞分裂における核分裂の前に、DNAが複製されてその数が2倍となる過程である。生物学ではしばしば複製 (replication) と略される。セントラルドグマの一員とされる。複製される一本鎖DNAを親鎖 (parent strand)、DNA複製によって新しく合成された一本鎖DNAを娘鎖 (daughter strand) という。また、DNA複製により生じた染色体の個々を姉妹染色分体 (sister chromatid) という。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 166160 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 53833 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58216230 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:direction
  • vertical
prop-ja:footer
  • 図6 真核生物の「DNAクランプ」 の三次元構造。dsDNAを中央孔に通している。色彩分布は青:N末端、赤:C末端
prop-ja:image
  • sliding_clamp_dna_complex.png
  • sliding_clamp_dna_complex_side.png
prop-ja:width
  • 233 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • DNA複製(ディーエヌエイふくせい、英: DNA replication)は、細胞分裂における核分裂の前に、DNAが複製されてその数が2倍となる過程である。生物学ではしばしば複製 (replication) と略される。セントラルドグマの一員とされる。複製される一本鎖DNAを親鎖 (parent strand)、DNA複製によって新しく合成された一本鎖DNAを娘鎖 (daughter strand) という。また、DNA複製により生じた染色体の個々を姉妹染色分体 (sister chromatid) という。
rdfs:label
  • DNA複製
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of