『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - 大場つぐみ・作画 - 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 - 2006年24号)に連載。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。 連載版の以前に同誌2003年36号に掲載された読切版が掲載される。2008年2月には最終回から3年後を描いた読切の特別編が同誌に掲載された。話数カウントは「page-」。 単行本12巻の累計発行部数は全世界3,000万部を突破。宝島社「このマンガがすごい!」オトコ版では、2006年と2007年に2位を獲得した。連載終了後も、映画、アニメ、小説、ミュージカル、ドラマなど幅広いメディア展開を続けている。

Property Value
dbo:abstract
  • 『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - 大場つぐみ・作画 - 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 - 2006年24号)に連載。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。 連載版の以前に同誌2003年36号に掲載された読切版が掲載される。2008年2月には最終回から3年後を描いた読切の特別編が同誌に掲載された。話数カウントは「page-」。 単行本12巻の累計発行部数は全世界3,000万部を突破。宝島社「このマンガがすごい!」オトコ版では、2006年と2007年に2位を獲得した。連載終了後も、映画、アニメ、小説、ミュージカル、ドラマなど幅広いメディア展開を続けている。 (ja)
  • 『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - 大場つぐみ・作画 - 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 - 2006年24号)に連載。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。 連載版の以前に同誌2003年36号に掲載された読切版が掲載される。2008年2月には最終回から3年後を描いた読切の特別編が同誌に掲載された。話数カウントは「page-」。 単行本12巻の累計発行部数は全世界3,000万部を突破。宝島社「このマンガがすごい!」オトコ版では、2006年と2007年に2位を獲得した。連載終了後も、映画、アニメ、小説、ミュージカル、ドラマなど幅広いメディア展開を続けている。 (ja)
dbo:genre
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 725792 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 40531 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81600673 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 20141202233215 (xsd:decimal)
  • 20150801065129 (xsd:decimal)
prop-ja:title
  • デスノート10周年記念ポータルサイト(集英社) (ja)
  • デスノート THE MUSICAL 公式サイト (ja)
  • デスノート10周年記念ポータルサイト(集英社) (ja)
  • デスノート THE MUSICAL 公式サイト (ja)
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他
  • 完結後の特別編が2話存在 (ja)
  • 完結後の特別編が2話存在 (ja)
prop-ja:ウィキプロジェクト
prop-ja:ウィキポータル
prop-ja:サイズ
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:ジャンル
prop-ja:タイトル
  • DEATH NOTE (ja)
  • DEATH NOTE (ja)
prop-ja:レーベル
prop-ja:他出版社
  • Panini Comics (ja)
  • 東立出版社 (ja)
  • Japonica Polonica Fantastica (ja)
  • M&C Comics (ja)
  • Madman Entertainment (ja)
  • Nation Edutainment (ja)
  • TOKYOPOP (ja)
  • グレナ (ja)
  • ビズメディア (ja)
  • 文化傳信 (ja)
  • Arena Komik (ja)
  • Chuang Yi Publications (ja)
  • Comix-ART (ja)
  • Compupress (ja)
  • Devir Manga Portugal (ja)
  • Egmont (ja)
  • Grupo Editorial Vid, Panini Cómics México (ja)
  • JBC出版社 (ja)
  • Kana (ja)
  • Larp Editores (ja)
  • Manga Entertainment (ja)
  • Mangafan(マンガファン) (ja)
  • Mangismo (ja)
  • テウォンC&Aホールディングス (ja)
  • Panini Comics (ja)
  • 東立出版社 (ja)
  • Japonica Polonica Fantastica (ja)
  • M&C Comics (ja)
  • Madman Entertainment (ja)
  • Nation Edutainment (ja)
  • TOKYOPOP (ja)
  • グレナ (ja)
  • ビズメディア (ja)
  • 文化傳信 (ja)
  • Arena Komik (ja)
  • Chuang Yi Publications (ja)
  • Comix-ART (ja)
  • Compupress (ja)
  • Devir Manga Portugal (ja)
  • Egmont (ja)
  • Grupo Editorial Vid, Panini Cómics México (ja)
  • JBC出版社 (ja)
  • Kana (ja)
  • Larp Editores (ja)
  • Manga Entertainment (ja)
  • Mangafan(マンガファン) (ja)
  • Mangismo (ja)
  • テウォンC&Aホールディングス (ja)
prop-ja:作画
prop-ja:作者
prop-ja:出版社
prop-ja:巻数
  • 単行本:全12巻 (ja)
  • 文庫版:全7巻 (ja)
  • 単行本:全12巻 (ja)
  • 文庫版:全7巻 (ja)
prop-ja:掲載誌
prop-ja:画像
  • Death Note logo.svg (ja)
  • Death Note logo.svg (ja)
prop-ja:終了
  • 2006 (xsd:integer)
prop-ja:話数
  • 全108話 (ja)
  • 全108話 (ja)
prop-ja:開始
  • --02-01
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - 大場つぐみ・作画 - 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 - 2006年24号)に連載。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。 連載版の以前に同誌2003年36号に掲載された読切版が掲載される。2008年2月には最終回から3年後を描いた読切の特別編が同誌に掲載された。話数カウントは「page-」。 単行本12巻の累計発行部数は全世界3,000万部を突破。宝島社「このマンガがすごい!」オトコ版では、2006年と2007年に2位を獲得した。連載終了後も、映画、アニメ、小説、ミュージカル、ドラマなど幅広いメディア展開を続けている。 (ja)
  • 『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 - 大場つぐみ・作画 - 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 - 2006年24号)に連載。名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。 連載版の以前に同誌2003年36号に掲載された読切版が掲載される。2008年2月には最終回から3年後を描いた読切の特別編が同誌に掲載された。話数カウントは「page-」。 単行本12巻の累計発行部数は全世界3,000万部を突破。宝島社「このマンガがすごい!」オトコ版では、2006年と2007年に2位を獲得した。連載終了後も、映画、アニメ、小説、ミュージカル、ドラマなど幅広いメディア展開を続けている。 (ja)
rdfs:label
  • DEATH NOTE (ja)
  • DEATH NOTE (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • DEATH NOTE (ja)
  • DEATH NOTE (ja)
is dbo:basedOn of
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:series of
is prop-ja:受賞 of
is foaf:primaryTopic of