DDT(ディー・ディー・ティー)とはdichlorodiphenyltrichloroethane(ジクロロジフェニルトリクロロエタン)の略であり、かつて使われていた有機塩素系の殺虫剤、農薬である。日本では1971年(昭和46年)5月に農薬登録が失効した。なお、上記の名称は化学的には正確ではなく、4,4'-(2,2,2-トリクロロエタン-1,1-ジイル)ビス(クロロベンゼン)が正確な名称である。DDTの構造中で、トリクロロメチル基がジクロロメチル基となったものを(ジクロロジフェニルジクロロエタン、DDD)という。

Property Value
dbo:abstract
  • DDT(ディー・ディー・ティー)とはdichlorodiphenyltrichloroethane(ジクロロジフェニルトリクロロエタン)の略であり、かつて使われていた有機塩素系の殺虫剤、農薬である。日本では1971年(昭和46年)5月に農薬登録が失効した。なお、上記の名称は化学的には正確ではなく、4,4'-(2,2,2-トリクロロエタン-1,1-ジイル)ビス(クロロベンゼン)が正確な名称である。DDTの構造中で、トリクロロメチル基がジクロロメチル基となったものを(ジクロロジフェニルジクロロエタン、DDD)という。 (ja)
  • DDT(ディー・ディー・ティー)とはdichlorodiphenyltrichloroethane(ジクロロジフェニルトリクロロエタン)の略であり、かつて使われていた有機塩素系の殺虫剤、農薬である。日本では1971年(昭和46年)5月に農薬登録が失効した。なお、上記の名称は化学的には正確ではなく、4,4'-(2,2,2-トリクロロエタン-1,1-ジイル)ビス(クロロベンゼン)が正確な名称である。DDTの構造中で、トリクロロメチル基がジクロロメチル基となったものを(ジクロロジフェニルジクロロエタン、DDD)という。 (ja)
dbo:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbo:iupacName
  • 1,1-diyl)bis(chlorobenzene) (ja)
  • 4,4'-(2,2,2-trichloroethane- (ja)
  • 1,1-diyl)bis(chlorobenzene) (ja)
  • 4,4'-(2,2,2-trichloroethane- (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 142523 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9048 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79920153 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • DDT-3D-balls.png (ja)
  • DDT-3D-vdW.png (ja)
  • DDT.svg (ja)
  • DDT-3D-balls.png (ja)
  • DDT-3D-vdW.png (ja)
  • DDT.svg (ja)
prop-ja:imagename
  • Chemical structure of DDT (ja)
  • Chemical structure of DDT (ja)
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 44 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ジクロロジフェニルトリクロロエタン (ja)
  • ジクロロジフェニルトリクロロエタン (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • DDT(ディー・ディー・ティー)とはdichlorodiphenyltrichloroethane(ジクロロジフェニルトリクロロエタン)の略であり、かつて使われていた有機塩素系の殺虫剤、農薬である。日本では1971年(昭和46年)5月に農薬登録が失効した。なお、上記の名称は化学的には正確ではなく、4,4'-(2,2,2-トリクロロエタン-1,1-ジイル)ビス(クロロベンゼン)が正確な名称である。DDTの構造中で、トリクロロメチル基がジクロロメチル基となったものを(ジクロロジフェニルジクロロエタン、DDD)という。 (ja)
  • DDT(ディー・ディー・ティー)とはdichlorodiphenyltrichloroethane(ジクロロジフェニルトリクロロエタン)の略であり、かつて使われていた有機塩素系の殺虫剤、農薬である。日本では1971年(昭和46年)5月に農薬登録が失効した。なお、上記の名称は化学的には正確ではなく、4,4'-(2,2,2-トリクロロエタン-1,1-ジイル)ビス(クロロベンゼン)が正確な名称である。DDTの構造中で、トリクロロメチル基がジクロロメチル基となったものを(ジクロロジフェニルジクロロエタン、DDD)という。 (ja)
rdfs:label
  • DDT (ja)
  • DDT (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ジクロロジフェニルトリクロロエタン (ja)
  • ジクロロジフェニルトリクロロエタン (ja)
is dbo:knownFor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of