DBNPA または 2,2-ジブロモ-3-ニトリロプロピオンアミド(2,2-dibromo-3-nitrilopropionamide)は、・殺菌剤の一つ。酸・アルカリのいずれの条件下でも容易に加水分解する。水に対して不安定で、条件によってアンモニア、臭化物イオン、およびジブロモ酢酸に分解する。DBNPAは一般的なハロゲン殺生物剤と同様に作用する。 DBNPAは広い用途で用いられる。例えば、製紙において懸濁液や防腐剤として使われる。

Property Value
dbo:abstract
  • DBNPA または 2,2-ジブロモ-3-ニトリロプロピオンアミド(2,2-dibromo-3-nitrilopropionamide)は、・殺菌剤の一つ。酸・アルカリのいずれの条件下でも容易に加水分解する。水に対して不安定で、条件によってアンモニア、臭化物イオン、およびジブロモ酢酸に分解する。DBNPAは一般的なハロゲン殺生物剤と同様に作用する。 DBNPAは広い用途で用いられる。例えば、製紙において懸濁液や防腐剤として使われる。 (ja)
  • DBNPA または 2,2-ジブロモ-3-ニトリロプロピオンアミド(2,2-dibromo-3-nitrilopropionamide)は、・殺菌剤の一つ。酸・アルカリのいずれの条件下でも容易に加水分解する。水に対して不安定で、条件によってアンモニア、臭化物イオン、およびジブロモ酢酸に分解する。DBNPAは一般的なハロゲン殺生物剤と同様に作用する。 DBNPAは広い用途で用いられる。例えば、製紙において懸濁液や防腐剤として使われる。 (ja)
dbo:imageSize
  • 140 (xsd:integer)
dbo:iupacName
  • 2,2-Dibromo-2-cyanoacetamide (ja)
  • 2,2-Dibromo-2-cyanoacetamide (ja)
dbo:wikiPageID
  • 2809553 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2871 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 64818171 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:imagefilel
  • DBNPA-3D-balls.png (ja)
  • DBNPA-3D-balls.png (ja)
prop-ja:imagefiler
  • DBNPA-3D-spacefill.png (ja)
  • DBNPA-3D-spacefill.png (ja)
prop-ja:imagename
  • Skeletal formula of DBNPA (ja)
  • Skeletal formula of DBNPA (ja)
prop-ja:imagenamel
  • Ball and stick model of DBNPA (ja)
  • Ball and stick model of DBNPA (ja)
prop-ja:imagenamer
  • Spacefill model of DBNPA (ja)
  • Spacefill model of DBNPA (ja)
prop-ja:imagesize
  • 140 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • 22 (xsd:integer)
prop-ja:othernames
  • 22 (xsd:integer)
  • (ja)
  • Dibromocyano acetic acid amide (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • DBNPA または 2,2-ジブロモ-3-ニトリロプロピオンアミド(2,2-dibromo-3-nitrilopropionamide)は、・殺菌剤の一つ。酸・アルカリのいずれの条件下でも容易に加水分解する。水に対して不安定で、条件によってアンモニア、臭化物イオン、およびジブロモ酢酸に分解する。DBNPAは一般的なハロゲン殺生物剤と同様に作用する。 DBNPAは広い用途で用いられる。例えば、製紙において懸濁液や防腐剤として使われる。 (ja)
  • DBNPA または 2,2-ジブロモ-3-ニトリロプロピオンアミド(2,2-dibromo-3-nitrilopropionamide)は、・殺菌剤の一つ。酸・アルカリのいずれの条件下でも容易に加水分解する。水に対して不安定で、条件によってアンモニア、臭化物イオン、およびジブロモ酢酸に分解する。DBNPAは一般的なハロゲン殺生物剤と同様に作用する。 DBNPAは広い用途で用いられる。例えば、製紙において懸濁液や防腐剤として使われる。 (ja)
rdfs:label
  • DBNPA (ja)
  • DBNPA (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Dibromocyano acetic acid amide (ja)
  • 2,2-Dibromo-3-nitrilopropionamide (ja)
  • Dibromocyano acetic acid amide (ja)
  • 2,2-Dibromo-3-nitrilopropionamide (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of