Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Clam AntiVirus (クラム・アンチウイルス。略称Clam AV)とは、オープンソース (GPL) で提供されているクロスプラットフォームのアンチウイルスソフトウェアである。Clam AntiVirusの開発プロジェクトでは、メールゲートウェイで電子メールのウィルススキャンを行うことを開発目標の主眼としている。当初UNIX用として開発され、その後AIX、BSD、HP-UX、Linux、OpenVMS、Mac OS X、OSFとSolarisに移植されている。Windowsにも、現在では「ClamAV for Windows」「ClamWin」「MoonSecureAV」など、多くの派生版が移植されている。主にメールサーバにおけるサーバサイドにおけるE-mailウイルススキャンの分野で広く利用されている。従来より常駐監視機能(オンアクセススキャン)が標準実装されていなかったため、常駐監視としてはDazuko+Clamukoを利用したりcrondのジョブとしてフルスキャンを実施する方法が一般的だった。しかし、2013年9月19日にリリースされた0.98からはfanotifyを用いた監視機能が実装されたため、2.6.36以降のLinux等ではDazukoモジュールを用いなくても任意のフォルダの常駐監視が可能となった。その他、Mac OS X 版の ClamXav では ClamXav Sentry を常駐させる事ができ、任意のフォルダなどを監視させる事が可能である。また、Mac OS X Server 10.4 Tiger 以降には ClamAV が標準で含まれている。その他、常駐保護機能を持つものとして「ClamAV for Windows」や「MoonSecureAV」などの派生版がある。
dbpedia-owl:computingPlatform
dbpedia-owl:latestReleaseVersion
  • 0.99
dbpedia-owl:license
dbpedia-owl:operatingSystem
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 998872 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3250 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57863829 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:スクリーンショット
prop-ja:ライセンス
prop-ja:公式サイト
prop-ja:名称
  • Clam AntiVirus
prop-ja:対応os
prop-ja:対応プラットフォーム
prop-ja:最新版
  • 0.990000 (xsd:double)
prop-ja:最新評価版
  • 0.990000 (xsd:double)
prop-ja:種別
prop-ja:説明文
  • Clam AntiVirusのGUIインターフェース(ClamTk)
prop-ja:開発元
  • Tomasz Kojm
dc:description
  • Clam AntiVirusのGUIインターフェース(ClamTk)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Clam AntiVirus (クラム・アンチウイルス。略称Clam AV)とは、オープンソース (GPL) で提供されているクロスプラットフォームのアンチウイルスソフトウェアである。Clam AntiVirusの開発プロジェクトでは、メールゲートウェイで電子メールのウィルススキャンを行うことを開発目標の主眼としている。当初UNIX用として開発され、その後AIX、BSD、HP-UX、Linux、OpenVMS、Mac OS X、OSFとSolarisに移植されている。Windowsにも、現在では「ClamAV for Windows」「ClamWin」「MoonSecureAV」など、多くの派生版が移植されている。主にメールサーバにおけるサーバサイドにおけるE-mailウイルススキャンの分野で広く利用されている。従来より常駐監視機能(オンアクセススキャン)が標準実装されていなかったため、常駐監視としてはDazuko+Clamukoを利用したりcrondのジョブとしてフルスキャンを実施する方法が一般的だった。しかし、2013年9月19日にリリースされた0.98からはfanotifyを用いた監視機能が実装されたため、2.6.36以降のLinux等ではDazukoモジュールを用いなくても任意のフォルダの常駐監視が可能となった。その他、Mac OS X 版の ClamXav では ClamXav Sentry を常駐させる事ができ、任意のフォルダなどを監視させる事が可能である。また、Mac OS X Server 10.4 Tiger 以降には ClamAV が標準で含まれている。その他、常駐保護機能を持つものとして「ClamAV for Windows」や「MoonSecureAV」などの派生版がある。
rdfs:label
  • Clam AntiVirus
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Clam AntiVirus
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of