Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • CinePaint(シネペイント)は映画のフレームをペイント・レタッチするためのコンピュータ・プログラムである。GIMP(GNU Image Manipulation Program)のバージョン1.0.4のフォークである。旧名称はFilmGIMPであったが、2008年にプロジェクト名をCinePaintに改めた。なお、CinePaintはラスター画像編集ソフトウェアであってビデオ編集ソフトウェアではない。ライセンスはGPLv2。16ビットおよび32ビットの浮動小数点チャネル(64ビットRGBAおよび128ビットRGBA)の色深度に対応し、またCineon、DPX、OpenEXRなどの多くの画像フォーマットにも対応している。バージョン1.0公開時点ではLinux版のみ対応だが、旧バージョンでは他にBSD、Unix系OS、Mac OS X、SGI IRIXに対応したものが入手可能だった。Windows版のサポートは現在破綻している。
dbpedia-owl:latestReleaseDate
  • 1930-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:latestReleaseVersion
  • 1.0
dbpedia-owl:license
dbpedia-owl:operatingSystem
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1424830 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2432 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48445397 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • Fedora 14 で動作する CinePaint 0.22
prop-ja:date
  • --02-01
prop-ja:genre
prop-ja:latestReleaseDate
  • --11-30
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:license
prop-ja:name
  • CinePaint
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:screenshot
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • CinePaint(シネペイント)は映画のフレームをペイント・レタッチするためのコンピュータ・プログラムである。GIMP(GNU Image Manipulation Program)のバージョン1.0.4のフォークである。旧名称はFilmGIMPであったが、2008年にプロジェクト名をCinePaintに改めた。なお、CinePaintはラスター画像編集ソフトウェアであってビデオ編集ソフトウェアではない。ライセンスはGPLv2。16ビットおよび32ビットの浮動小数点チャネル(64ビットRGBAおよび128ビットRGBA)の色深度に対応し、またCineon、DPX、OpenEXRなどの多くの画像フォーマットにも対応している。バージョン1.0公開時点ではLinux版のみ対応だが、旧バージョンでは他にBSD、Unix系OS、Mac OS X、SGI IRIXに対応したものが入手可能だった。Windows版のサポートは現在破綻している。
rdfs:label
  • CinePaint
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • CinePaint
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of