Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • CapsLockキー(キャプスロックキー、キャップス-)またはCapital Lockキー(キャピタルロックキー)は、キーボード のキーの一つである。キーを押すことで状態の有効・無効を入れ替えられる。有効になっている時、入力されるアルファベットを小文字から大文字に変える機能を有する。昔のタイプライターの時代から存在していたキーである。ここでは、特にコンピュータ用キーボードに付属しているCapsLockキーについて解説する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 918382 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4189 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59103837 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • CapsLockキー(キャプスロックキー、キャップス-)またはCapital Lockキー(キャピタルロックキー)は、キーボード のキーの一つである。キーを押すことで状態の有効・無効を入れ替えられる。有効になっている時、入力されるアルファベットを小文字から大文字に変える機能を有する。昔のタイプライターの時代から存在していたキーである。ここでは、特にコンピュータ用キーボードに付属しているCapsLockキーについて解説する。
rdfs:label
  • CapsLockキー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of