Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • CRV7(Canadian Rocket Vehicle 7)は、カナダ・マニトバ州ウィニペグのブリストル・エアロスペースで開発された、折り畳み式の安定翼を持つ2.75インチ (70 mm)対地攻撃ロケット弾である。1970年代前半に、標準的なアメリカの2.75インチ空対地ロケット弾の改良型として発表された。このクラスでは最も強力な兵器であり、ワルシャワ条約機構のハンガーを一発で貫通できる。CRV7は、現在で最も強力なロケット弾であり、少なくともアメリカ以外の西側諸国におけるデファクトスタンダードになりつつある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2698076 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8234 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 83 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56217105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • CRV7(Canadian Rocket Vehicle 7)は、カナダ・マニトバ州ウィニペグのブリストル・エアロスペースで開発された、折り畳み式の安定翼を持つ2.75インチ (70 mm)対地攻撃ロケット弾である。1970年代前半に、標準的なアメリカの2.75インチ空対地ロケット弾の改良型として発表された。このクラスでは最も強力な兵器であり、ワルシャワ条約機構のハンガーを一発で貫通できる。CRV7は、現在で最も強力なロケット弾であり、少なくともアメリカ以外の西側諸国におけるデファクトスタンダードになりつつある。
rdfs:label
  • CRV7
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ロケット弾 of
is foaf:primaryTopic of