Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ガスターボエレクトリック・ガスタービン複合推進方式(英語: COmbined Gas turbine eLectric And Gas turbine, COGLAG)は、船の推進方式の一種。低速・巡航時はガスタービンエンジンを用いたターボ・エレクトリック方式による電気推進を使用し、高速時にはガスタービンエンジンによる機械駆動も併用して推力を得る方式である。主に艦船で使用される。ガスタービンエンジンは、低速時や、最大出力時より出力が小さな場合は、燃費が悪くなってしまう欠点がある。そのため複数のガスタービンエンジンを搭載し、低速・巡航時はそのうち1個だけを駆動する事によって最大出力に近づける。また低速時の効率の悪さを電気推進により改善し、燃費を良くして航続距離を伸ばす。高速時には他のガスタービンエンジンを併用し出力をあげ、また高速時のみ駆動するエンジンは電気推進による効率改善は不要であるため、機械駆動を行う。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1876520 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 703 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57670465 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ガスターボエレクトリック・ガスタービン複合推進方式(英語: COmbined Gas turbine eLectric And Gas turbine, COGLAG)は、船の推進方式の一種。低速・巡航時はガスタービンエンジンを用いたターボ・エレクトリック方式による電気推進を使用し、高速時にはガスタービンエンジンによる機械駆動も併用して推力を得る方式である。主に艦船で使用される。ガスタービンエンジンは、低速時や、最大出力時より出力が小さな場合は、燃費が悪くなってしまう欠点がある。そのため複数のガスタービンエンジンを搭載し、低速・巡航時はそのうち1個だけを駆動する事によって最大出力に近づける。また低速時の効率の悪さを電気推進により改善し、燃費を良くして航続距離を伸ばす。高速時には他のガスタービンエンジンを併用し出力をあげ、また高速時のみ駆動するエンジンは電気推進による効率改善は不要であるため、機械駆動を行う。
rdfs:label
  • COGLAG
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of