Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • CIS ウルティマックス100軽機関銃は、シンガポールのCIS社製5.56mm軽機関銃である。AR-18ライフルの設計に関わったジェームズ・サリバンの指導の下、CIS社(現ST Kinetics社)がシンガポール軍向けに開発した。現在までにMk.1-Mk.3までのバージョンが作られ、3点バースト機能をオミットしたMk.4、および折り畳み銃床装備のMk.5がテスト中である。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1680892 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3310 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59070886 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:作動方式
  • ガス圧利用(ショートストロークピストン式)、ターンロックボルト
prop-ja:使用弾薬
  • 5.560000 (xsd:double)
prop-ja:全長
  • 1030 (xsd:integer)
prop-ja:口径
  • 5.56
prop-ja:名称
  • CIS ウルティマックス100軽機関銃
prop-ja:年代
  • 現代
prop-ja:戦争
  • ユーゴスラビア紛争、フィジーのクーデター(2006年)、ソロモン諸島・アフガニスタン・スリランカの内戦、インドネシア・フィリピンの対ゲリラ作戦など
prop-ja:有効射程
  • 460 (xsd:integer)
prop-ja:発射速度
  • 400 (xsd:integer)
prop-ja:種別
  • 軽機関銃・分隊支援火器
prop-ja:種類
prop-ja:装弾数
  • 30 (xsd:integer)
prop-ja:製造数
  • 80000 (xsd:integer)
prop-ja:製造期間
  • 1982 (xsd:integer)
prop-ja:設計・製造
prop-ja:設計年
  • 1978 (xsd:integer)
prop-ja:配備先
prop-ja:配備期間
  • 1982 (xsd:integer)
prop-ja:重量
  • 4750 (xsd:integer)
prop-ja:銃口初速
  • 940 (xsd:integer)
prop-ja:銃身長
  • 508 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • CIS ウルティマックス100軽機関銃は、シンガポールのCIS社製5.56mm軽機関銃である。AR-18ライフルの設計に関わったジェームズ・サリバンの指導の下、CIS社(現ST Kinetics社)がシンガポール軍向けに開発した。現在までにMk.1-Mk.3までのバージョンが作られ、3点バースト機能をオミットしたMk.4、および折り畳み銃床装備のMk.5がテスト中である。
rdfs:label
  • CIS ウルティマックス100軽機関銃
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of