Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • CD-R(英: compact disk - recordable)は、データを書き込みできるコンパクトディスクの一つである。一度書き込まれたデータは書き換えも消去もできないが、容量の許す限り追記が可能であり、このことから「追記型」(WORMメディア)と呼ばれる。太陽誘電が1988年に開発して、1989年6月より販売開始。1990年に規格書「オレンジブック パートII」に規定された。CD-Rとは、もともとは太陽誘電内の社内用コードネームであった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 10160 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8070 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 66 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58104595 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ディスク径
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:ロゴ
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:回転速度
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:大きさ
  • 80 (xsd:integer)
  • 120 (xsd:integer)
prop-ja:容量
  • 650 (xsd:integer)
prop-ja:書き換え
prop-ja:書き込み方法
  • 780 (xsd:integer)
prop-ja:書き込み速度
  • 1.200000 (xsd:double)
  • 最高52倍速
  • (150kiB/s、1倍速)
prop-ja:用途
  • データ
prop-ja:画像
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:画像コメント
  • CD-Rの裏面(フタロシアニン色素を使用したもの)
prop-ja:略称
  • CD-R
prop-ja:種類
  • 光ディスク
prop-ja:読み取り方法
  • 780 (xsd:integer)
prop-ja:読み込み速度
  • 1.200000 (xsd:double)
  • 最高72倍速
  • (150kiB/s、1倍速)
prop-ja:関連
dcterms:subject
rdfs:comment
  • CD-R(英: compact disk - recordable)は、データを書き込みできるコンパクトディスクの一つである。一度書き込まれたデータは書き換えも消去もできないが、容量の許す限り追記が可能であり、このことから「追記型」(WORMメディア)と呼ばれる。太陽誘電が1988年に開発して、1989年6月より販売開始。1990年に規格書「オレンジブック パートII」に規定された。CD-Rとは、もともとは太陽誘電内の社内用コードネームであった。
rdfs:label
  • CD-R
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:メディア of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of