Bridelia micrantha(ブリデリア・ミクランタ) とは、コミカンソウ科(旧トウダイグサ科)(別名: )の樹木である。アフリカに分布し(参照: )、様々な用途に用いられる(参照: )。また、特定の繭を作るガとの関係も複数の地域において見られる(参照: )。 Mbuya et al. (1994) をはじめとする東アフリカ関連の文献においては常緑性とされているが、南部アフリカの樹木図鑑である :186) や ) では落葉性(ないしは (Thomas & Grant))とされている。 マルヤマカンコノキ属であることを表す属名 Bridelia はスイスの蘚苔学者・詩人の(Samuel Bridel; 1761-1828)への献名であり、種小名 micrantha は花が小さいことにちなむものである。 『世界有用植物事典』(堀田満ほか編、平凡社、1989年)にも取り上げられているが、和名はつけられておらず、学名のカナ転写もなされていない。

Property Value
dbo:abstract
  • Bridelia micrantha(ブリデリア・ミクランタ) とは、コミカンソウ科(旧トウダイグサ科)(別名: )の樹木である。アフリカに分布し(参照: )、様々な用途に用いられる(参照: )。また、特定の繭を作るガとの関係も複数の地域において見られる(参照: )。 Mbuya et al. (1994) をはじめとする東アフリカ関連の文献においては常緑性とされているが、南部アフリカの樹木図鑑である :186) や ) では落葉性(ないしは (Thomas & Grant))とされている。 マルヤマカンコノキ属であることを表す属名 Bridelia はスイスの蘚苔学者・詩人の(Samuel Bridel; 1761-1828)への献名であり、種小名 micrantha は花が小さいことにちなむものである。 『世界有用植物事典』(堀田満ほか編、平凡社、1989年)にも取り上げられているが、和名はつけられておらず、学名のカナ転写もなされていない。 (ja)
  • Bridelia micrantha(ブリデリア・ミクランタ) とは、コミカンソウ科(旧トウダイグサ科)(別名: )の樹木である。アフリカに分布し(参照: )、様々な用途に用いられる(参照: )。また、特定の繭を作るガとの関係も複数の地域において見られる(参照: )。 Mbuya et al. (1994) をはじめとする東アフリカ関連の文献においては常緑性とされているが、南部アフリカの樹木図鑑である :186) や ) では落葉性(ないしは (Thomas & Grant))とされている。 マルヤマカンコノキ属であることを表す属名 Bridelia はスイスの蘚苔学者・詩人の(Samuel Bridel; 1761-1828)への献名であり、種小名 micrantha は花が小さいことにちなむものである。 『世界有用植物事典』(堀田満ほか編、平凡社、1989年)にも取り上げられているが、和名はつけられておらず、学名のカナ転写もなされていない。 (ja)
dbo:class
dbo:colourName
  • lightgreen (ja)
  • lightgreen (ja)
dbo:conservationStatus
  • LC
dbo:division
dbo:family
dbo:genus
dbo:kingdom
dbo:order
dbo:phylum
dbo:synonym
  • *Hochst.
  • *var. genuina
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3869702 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 17740 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78329695 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:status
  • LC (ja)
  • LC (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:シノニム
  • * var. genuina * Hochst. (ja)
  • * var. genuina * Hochst. (ja)
prop-ja:上目階級なし
  • / (ja)
  • / (ja)
prop-ja:下綱階級なし
  • バラ上群 (ja)
  • バラ上群 (ja)
prop-ja:亜綱階級なし
  • 真正双子葉類 (ja)
  • 真正双子葉類 (ja)
prop-ja:分類体系
prop-ja:団階級なし
  • バラ類 (ja)
  • バラ類 (ja)
prop-ja:
  • マルヤマカンコノキ属 (ja)
  • マルヤマカンコノキ属 (ja)
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像キャプション
  • (南アフリカ共和国、クワズール・ナタール州) (ja)
  • (南アフリカ共和国、クワズール・ナタール州) (ja)
prop-ja:
  • 植物界 (ja)
  • 植物界 (ja)
prop-ja:
  • キントラノオ目 (ja)
  • キントラノオ目 (ja)
prop-ja:
  • コミカンソウ科 (ja)
  • コミカンソウ科 (ja)
prop-ja:綱階級なし
  • 真正双子葉類 (ja)
  • 真正双子葉類 (ja)
prop-ja:
  • lightgreen (ja)
  • lightgreen (ja)
prop-ja:英名
  • coast goldleaf, coastal goldenleaf, sweetberry (ja)
  • coast goldleaf, coastal goldenleaf, sweetberry (ja)
prop-ja:門階級なし
  • 被子植物 (ja)
  • 被子植物 (ja)
dc:description
  • (南アフリカ共和国、クワズール・ナタール州)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Bridelia micrantha(ブリデリア・ミクランタ) とは、コミカンソウ科(旧トウダイグサ科)(別名: )の樹木である。アフリカに分布し(参照: )、様々な用途に用いられる(参照: )。また、特定の繭を作るガとの関係も複数の地域において見られる(参照: )。 Mbuya et al. (1994) をはじめとする東アフリカ関連の文献においては常緑性とされているが、南部アフリカの樹木図鑑である :186) や ) では落葉性(ないしは (Thomas & Grant))とされている。 マルヤマカンコノキ属であることを表す属名 Bridelia はスイスの蘚苔学者・詩人の(Samuel Bridel; 1761-1828)への献名であり、種小名 micrantha は花が小さいことにちなむものである。 『世界有用植物事典』(堀田満ほか編、平凡社、1989年)にも取り上げられているが、和名はつけられておらず、学名のカナ転写もなされていない。 (ja)
  • Bridelia micrantha(ブリデリア・ミクランタ) とは、コミカンソウ科(旧トウダイグサ科)(別名: )の樹木である。アフリカに分布し(参照: )、様々な用途に用いられる(参照: )。また、特定の繭を作るガとの関係も複数の地域において見られる(参照: )。 Mbuya et al. (1994) をはじめとする東アフリカ関連の文献においては常緑性とされているが、南部アフリカの樹木図鑑である :186) や ) では落葉性(ないしは (Thomas & Grant))とされている。 マルヤマカンコノキ属であることを表す属名 Bridelia はスイスの蘚苔学者・詩人の(Samuel Bridel; 1761-1828)への献名であり、種小名 micrantha は花が小さいことにちなむものである。 『世界有用植物事典』(堀田満ほか編、平凡社、1989年)にも取り上げられているが、和名はつけられておらず、学名のカナ転写もなされていない。 (ja)
rdfs:label
  • Bridelia micrantha (ja)
  • Bridelia micrantha (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • coast goldleaf, coastal goldenleaf, sweetberry (ja)
  • coast goldleaf, coastal goldenleaf, sweetberry (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of