Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • BT-42は、第二次世界大戦中にフィンランドが開発した自走砲(突撃砲)である。敵軍であるソ連から鹵獲したBT-7快速戦車を改修、その砲塔容積を広げ、イギリス製のQF 4.5インチ榴弾砲(フィンランド名称114H18、18年式114mm榴弾砲)を搭載した。1942年から1943年にかけて18両が改装された。一般にフィンランド軍内では「クリスティ突撃砲」と呼ばれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1304080 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2849 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 34 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59159445 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • M-17T V型12気筒液冷ガソリン
prop-ja:主武装
  • L15.55/114mm榴弾砲H18
prop-ja:乗員数
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:全幅
  • 2.29 m
prop-ja:全長
  • 5.66 m
prop-ja:全高
  • 2.70 m
prop-ja:出力
  • 400.0
prop-ja:名前
  • BT-42
prop-ja:懸架・駆動
  • クリスティー式コイルスプリング、後輪駆動
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像の説明
  • フィンランド、パロラ戦車博物館に現存するBT-42
prop-ja:行動距離
  • 375 (xsd:integer)
prop-ja:速度
  • 53 (xsd:integer)
prop-ja:重量
  • 15.0
dcterms:subject
rdfs:comment
  • BT-42は、第二次世界大戦中にフィンランドが開発した自走砲(突撃砲)である。敵軍であるソ連から鹵獲したBT-7快速戦車を改修、その砲塔容積を広げ、イギリス製のQF 4.5インチ榴弾砲(フィンランド名称114H18、18年式114mm榴弾砲)を搭載した。1942年から1943年にかけて18両が改装された。一般にフィンランド軍内では「クリスティ突撃砲」と呼ばれた。
rdfs:label
  • BT-42
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of