Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • BSD(ビーエスディー)は、Berkeley Software Distribution の略語で、1977年から1995年までカリフォルニア大学バークレー校 (University of California, Berkeley, UCB) の Computer Systems Research Group (CSRG) が開発・配布したソフトウェア群、およびUNIXオペレーティングシステム (OS)。なお、今日「BSD」という名称は同OSを元に開発されたBSDの子孫の総称として使われることもあるが、この項では主に前述のUCBによるソフトウェア群およびOSについて述べる。元となったコードベースと設計はAT&TのUNIXと共通であるため、歴史的にはBSDはUNIXの支流 "BSD UNIX" とみなされてきた。1980年代、ワークステーションクラスのシステムベンダーがプロプライエタリなUNIXとしてBSDを広く採用していた。例えば、DECのUltrix、サン・マイクロシステムズのSunOSなどである。これは、ライセンス条件の容易だったためと、当時の多くの技術系企業の創業者がBSDを熟知していたためである。それらプロプライエタリなBSD派生OSは、1990年代にはUNIX System V Release 4とOSF/1に取って代わられ(どちらもBSDのコードを取り入れており、他の現代のUnixシステムの基盤となった)、後期のBSDリリースはいくつかのオープンソース開発プロジェクトの基盤となった。例えば、FreeBSD、NetBSD、OpenBSD、DragonFly BSDなどが今も開発中である。さらにそれら(の全部あるいは一部)が最近のプロプライエタリなOSにも採用されている。例えば、WindowsのTCP/IPコード(IPv4のみ)やアップルのMac OS Xである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 56126 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16126 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 244 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59040659 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:developer
prop-ja:family
prop-ja:kernelType
prop-ja:language
prop-ja:latestReleaseDate
  • 1995 (xsd:integer)
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 4.400000 (xsd:double)
prop-ja:license
prop-ja:name
  • Berkeley Software Distribution
prop-ja:programmedIn
prop-ja:released
  • 1977 (xsd:integer)
prop-ja:sourceModel
  • 歴史的にはクローズドソースで、徐々にオープンソースに移行
prop-ja:supportedPlatforms
prop-ja:ui
prop-ja:userland
  • BSD
prop-ja:website
  • N/A
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workingState
  • 休止(派生版は継続)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • BSD(ビーエスディー)は、Berkeley Software Distribution の略語で、1977年から1995年までカリフォルニア大学バークレー校 (University of California, Berkeley, UCB) の Computer Systems Research Group (CSRG) が開発・配布したソフトウェア群、およびUNIXオペレーティングシステム (OS)。なお、今日「BSD」という名称は同OSを元に開発されたBSDの子孫の総称として使われることもあるが、この項では主に前述のUCBによるソフトウェア群およびOSについて述べる。元となったコードベースと設計はAT&TのUNIXと共通であるため、歴史的にはBSDはUNIXの支流 "BSD UNIX" とみなされてきた。1980年代、ワークステーションクラスのシステムベンダーがプロプライエタリなUNIXとしてBSDを広く採用していた。例えば、DECのUltrix、サン・マイクロシステムズのSunOSなどである。これは、ライセンス条件の容易だったためと、当時の多くの技術系企業の創業者がBSDを熟知していたためである。それらプロプライエタリなBSD派生OSは、1990年代にはUNIX System V Release 4とOSF/1に取って代わられ(どちらもBSDのコードを取り入れており、他の現代のUnixシステムの基盤となった)、後期のBSDリリースはいくつかのオープンソース開発プロジェクトの基盤となった。例えば、FreeBSD、NetBSD、OpenBSD、DragonFly BSDなどが今も開発中である。さらにそれら(の全部あるいは一部)が最近のプロプライエタリなOSにも採用されている。例えば、WindowsのTCP/IPコード(IPv4のみ)やアップルのMac OS Xである。
rdfs:label
  • BSD
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:license of
is dbpedia-owl:operatingSystem of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:family of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:license of
is prop-ja:operatingSystem of
is prop-ja:os of
is prop-ja:platform of
is prop-ja:ライセンス of
is prop-ja:対応os of
is foaf:primaryTopic of