Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • BRDM-1(ロシア語:БРДМ-1)は、ソビエト連邦製の水陸両用型装甲偵察車両である。1959年に開発され、ソビエト連邦軍では1966年までには後継のBRDM-2に更新された。約10,000両が生産され、現在でもいくつかの国で600両ほどが現役で使用されている。(БРДМ)とは「装甲偵察哨戒車」(Бронированная разведывательно-дозорная машина)の略で、BRDM-2の登場までは、BRDM(БРДМ)といえばこの車輌のことであった。また、BRDMの基本構造の一部はBTR-40の車体構造をもとに開発されていたため、BTR-40Pと呼ばれている時期もあった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1077743 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2702 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57146795 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • GAZ-40P 6気筒ガソリン
prop-ja:主武装
prop-ja:乗員数
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:全幅
  • 2.25m
prop-ja:全長
  • 5.7m
prop-ja:全高
  • 2.9m
prop-ja:出力
  • 90.0
prop-ja:出力重量比
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:名前
  • BRDM-1
prop-ja:懸架・駆動
prop-ja:画像
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:画像の説明
  • BRDM-1
prop-ja:行動距離
  • 500.0
prop-ja:装甲
  • 最大10mm
prop-ja:速度
  • 9 (xsd:integer)
  • 80 (xsd:integer)
prop-ja:重量
  • 5.6
dcterms:subject
rdfs:comment
  • BRDM-1(ロシア語:БРДМ-1)は、ソビエト連邦製の水陸両用型装甲偵察車両である。1959年に開発され、ソビエト連邦軍では1966年までには後継のBRDM-2に更新された。約10,000両が生産され、現在でもいくつかの国で600両ほどが現役で使用されている。(БРДМ)とは「装甲偵察哨戒車」(Бронированная разведывательно-дозорная машина)の略で、BRDM-2の登場までは、BRDM(БРДМ)といえばこの車輌のことであった。また、BRDMの基本構造の一部はBTR-40の車体構造をもとに開発されていたため、BTR-40Pと呼ばれている時期もあった。
rdfs:label
  • BRDM-1
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of