Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • BM-21 グラート(ロシア語: БМ-21 "Град"ベーエーム・ドヴァーッツァチ・アヂーン・グラート)は、ソビエト連邦が1960年代初頭に開発した122mm自走多連装ロケット砲であり、当時のソビエト連邦軍及び現在のロシア軍が使用しているほか、友好国への輸出も行われている。愛称の「グラート」はロシア語で「霰・雹」を意味する(「都市・城砦」を意味する「グラート」とつづりは同じだが、意味は異なる)。また形式名のBM(БМ)は、「戦闘車両」を意味するロシア語(боевая машина)の頭文字である。GRAUインデックスは、60発の補給用弾薬を輸送できる補給トラック9T254を含んだ発射システム全体で9K51であり、発射機単体は2B5である。当初この兵器の存在を知った北大西洋条約機構は、M1964というNATOコードネームを付与した。BM-21は、世界で最も広く使用されている多連装ロケットランチャーであり、いくつかの国ではロケット弾は共通であるが、台座のトラックや発射器の形状を変更したりするなどしたコピー品や類似品が製造されている(#ソ連以外の派生型を参照)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1080655 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10502 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 184 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59160216 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • ZIL 375水冷V8ガソリン
prop-ja:不整地速度
  • 35.0
prop-ja:主武装
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:乗員数
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:備考
  • 1 (xsd:integer)
  • 連射速度は40発/20秒(一斉射撃時)
prop-ja:全幅
  • 2.40m
prop-ja:全長
  • 7.35m
prop-ja:全高
  • 3.09m
prop-ja:出力
  • 180.0
prop-ja:名前
  • BM-21
prop-ja:懸架・駆動
  • 6 (xsd:integer)
prop-ja:整地速度
  • 75.0
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像の説明
  • 射撃体勢にある、BM-21中隊。トラックはウラル-375D
prop-ja:行動距離
  • 450 (xsd:integer)
prop-ja:重量
  • 13.700000 (xsd:double)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • BM-21 グラート(ロシア語: БМ-21 "Град"ベーエーム・ドヴァーッツァチ・アヂーン・グラート)は、ソビエト連邦が1960年代初頭に開発した122mm自走多連装ロケット砲であり、当時のソビエト連邦軍及び現在のロシア軍が使用しているほか、友好国への輸出も行われている。愛称の「グラート」はロシア語で「霰・雹」を意味する(「都市・城砦」を意味する「グラート」とつづりは同じだが、意味は異なる)。また形式名のBM(БМ)は、「戦闘車両」を意味するロシア語(боевая машина)の頭文字である。GRAUインデックスは、60発の補給用弾薬を輸送できる補給トラック9T254を含んだ発射システム全体で9K51であり、発射機単体は2B5である。当初この兵器の存在を知った北大西洋条約機構は、M1964というNATOコードネームを付与した。BM-21は、世界で最も広く使用されている多連装ロケットランチャーであり、いくつかの国ではロケット弾は共通であるが、台座のトラックや発射器の形状を変更したりするなどしたコピー品や類似品が製造されている(#ソ連以外の派生型を参照)。
rdfs:label
  • BM-21
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of