Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • БЭСМ (BESM) は、1950年代から60年代に作られたソビエト連邦のメインフレームの名称である。この名称は Большая Электронно-Счётная Машина (大規模電子式計算機械)の頭文字から取られている。БЭСМはМЭСМの後継機種である。МЭСМは1機のみ、1948年から51年にかけて作られた、ヨーロッパ大陸の最初期のコンピュータである。БЭСМには6つの形式があった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2295141 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2272 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47263216 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • БЭСМ (BESM) は、1950年代から60年代に作られたソビエト連邦のメインフレームの名称である。この名称は Большая Электронно-Счётная Машина (大規模電子式計算機械)の頭文字から取られている。БЭСМはМЭСМの後継機種である。МЭСМは1機のみ、1948年から51年にかけて作られた、ヨーロッパ大陸の最初期のコンピュータである。БЭСМには6つの形式があった。
rdfs:label
  • BESM
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of