Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アタリは1979年から1992年までモステクノロジー6502マイクロプロセッサを使用した8ビットホームコンピュータのシリーズを発売した。以後10年間以上、同じ基本設計のいくつかのバージョンがリリースされた。初期の Atari 400 と Atari 800、その後継機の XL および XEシリーズがある。これらの内部設計はほぼ同一である。また、カスタムのコプロセッサチップを使用した初めてのホームコンピュータでもある。アタリの8ビット・コンピュータ・シリーズは商業的成功を収め、1979年末から1985年中ごろまでの最も売れた期間に200万台以上を販売し、総計では400万台となった。IBMはアタリからライセンス供与を受けてホームコンピュータ市場に参入することを検討したが、最終的に独自の設計で行くことを決めた経緯がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 465742 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21191 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47000447 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • Atari 800。フルキーボードを備え、倍の幅のカートリッジスロットがカバーで覆われている。
prop-ja:connectivity
  • ジョイスティック×2(または4)、SIO×1、PBI×1(または0)、ROMカートリッジ×1(または2)
prop-ja:discontinued
  • 1992 (xsd:integer)
prop-ja:graphics
  • 320 (xsd:integer)
prop-ja:introduced
  • --01-01
prop-ja:os
  • Atari 8-bit OS /
prop-ja:photo
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:price
  • 495 (xsd:integer)
prop-ja:processor
  • @ 1.77MHz
  • @ 1.79MHz
  • MOS 6502B
prop-ja:released
  • --01-01
prop-ja:sound
  • またはAMデジタル×2
  • 発振回路×4 + ノイズ混合、
prop-ja:successor
prop-ja:type
prop-ja:unitsSold
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アタリは1979年から1992年までモステクノロジー6502マイクロプロセッサを使用した8ビットホームコンピュータのシリーズを発売した。以後10年間以上、同じ基本設計のいくつかのバージョンがリリースされた。初期の Atari 400 と Atari 800、その後継機の XL および XEシリーズがある。これらの内部設計はほぼ同一である。また、カスタムのコプロセッサチップを使用した初めてのホームコンピュータでもある。アタリの8ビット・コンピュータ・シリーズは商業的成功を収め、1979年末から1985年中ごろまでの最も売れた期間に200万台以上を販売し、総計では400万台となった。IBMはアタリからライセンス供与を受けてホームコンピュータ市場に参入することを検討したが、最終的に独自の設計で行くことを決めた経緯がある。
rdfs:label
  • Atari 8ビット・コンピュータ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:computingPlatform of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:plat of
is prop-ja:platforms of
is prop-ja:互換ハード of
is prop-ja:備考 of
is foaf:primaryTopic of