Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アラド Ar 65 (Arado Ar 65) は第二次世界大戦前にドイツで生産された、複葉の戦闘機である。Ar 64のエンジンをより強力なものに換装したほか若干の改良が加えられた機体で、1931年に初飛行した。1935年のドイツ再軍備宣言時にはドイツ空軍の主力戦闘機の一角を占めていたが、より近代的なハインケルHe51等の配備により急速に第一線を退いた。その後は第二次世界大戦初期まで練習機として使われ、一部の機体はブルガリア空軍に供与された。
dbpedia-owl:aircraftType
  • 複葉機
dbpedia-owl:aircraftUser
dbpedia-owl:firstFlight
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 193 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1301267 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 981 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56094597 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分類
  • 複葉機
prop-ja:初飛行年月日
  • 1931 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • Ar 65
prop-ja:生産数
  • おそらく193機前後
prop-ja:生産開始年月日
  • 1931 (xsd:integer)
prop-ja:用途
  • 戦闘機
prop-ja:画像
  • File:Arado_Ar65.jpg
prop-ja:製造者
  • アラド、AGO、エルラ
prop-ja:運用者
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • アラド Ar 65 (Arado Ar 65) は第二次世界大戦前にドイツで生産された、複葉の戦闘機である。Ar 64のエンジンをより強力なものに換装したほか若干の改良が加えられた機体で、1931年に初飛行した。1935年のドイツ再軍備宣言時にはドイツ空軍の主力戦闘機の一角を占めていたが、より近代的なハインケルHe51等の配備により急速に第一線を退いた。その後は第二次世界大戦初期まで練習機として使われ、一部の機体はブルガリア空軍に供与された。
rdfs:label
  • Ar 65 (航空機)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Ar 65
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of