Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『Adidas MANGA FEVER』(アディダスマンガフィーバー)は、アディダスジャパンが、2002年FIFAワールドカップに向けたマーケティング活動のコンセプトである“FEVER=熱”をテーマにして企画した漫画本(アンソロジーコミック)である。「アディダス」の持つサッカーやスポーツに対する熱=FEVERを、世界に誇るべき日本の文化の代表であるマンガ (MANGA) を通じてより多くの人に伝えようという趣旨の下企画されたもの。この本には、あらゆる規制の枠を超え、『AKIRA』で知られる大友克洋、『SLAM DUNK』の井上雄彦、『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦、『ピンポン』の松本大洋、『TO-Y』の上條淳士など、趣旨に賛同した日本を代表する21人の漫画家が“FEVER”をテーマとしたオリジナル作品を提供しているほか、韓国・フランス・ベルギーの著名作家も参加し、計29人の作家の作品が盛り込まれている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 347402 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1588 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53187646 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『Adidas MANGA FEVER』(アディダスマンガフィーバー)は、アディダスジャパンが、2002年FIFAワールドカップに向けたマーケティング活動のコンセプトである“FEVER=熱”をテーマにして企画した漫画本(アンソロジーコミック)である。「アディダス」の持つサッカーやスポーツに対する熱=FEVERを、世界に誇るべき日本の文化の代表であるマンガ (MANGA) を通じてより多くの人に伝えようという趣旨の下企画されたもの。この本には、あらゆる規制の枠を超え、『AKIRA』で知られる大友克洋、『SLAM DUNK』の井上雄彦、『ジョジョの奇妙な冒険』の荒木飛呂彦、『ピンポン』の松本大洋、『TO-Y』の上條淳士など、趣旨に賛同した日本を代表する21人の漫画家が“FEVER”をテーマとしたオリジナル作品を提供しているほか、韓国・フランス・ベルギーの著名作家も参加し、計29人の作家の作品が盛り込まれている。
rdfs:label
  • Adidas MANGA FEVER
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of