アクティブデスクトップ (Active Desktop)は、Internet Explorer 4.0のオプションだったに含まれる、デスクトップにHTMLコンテンツを追加できるようにするなどといった機能である。この機能は、Windows 95の機能を拡張するものであり、Windows 98から標準搭載されていたが、Windows Vistaで廃止されている。Internet Explorer 4.0から6.0には搭載、7.0で廃止された。 これを用いると、HTMLコンテンツを通常の壁紙として、あるいはそれとは独立したデスクトップアイテムとして設置できる。どちらの場合でも、通常、オンラインで更新・同期されるため、ウェブブラウザを起動することなくウェブサイトの内容の表示を可能としている。 アクティブデスクトップは、デスクトップにカスタマイズにアイテムを設置できるという点で各種デスクトップガジェット技術と同様である。 アクティブデスクトップの使用を停止すると、特に性能の低いPCにおいて性能の向上と僅かながらメモリ使用量の減少が見られる。ディスプレイのプロパティにこの機能を利用するためのチェックボックスが存在する。さらに、にはActiveDesktopを完全に使用禁止にする設定と設定の変更を禁止する設定という2つの設定項目が存在する。

Property Value
dbo:abstract
  • アクティブデスクトップ (Active Desktop)は、Internet Explorer 4.0のオプションだったに含まれる、デスクトップにHTMLコンテンツを追加できるようにするなどといった機能である。この機能は、Windows 95の機能を拡張するものであり、Windows 98から標準搭載されていたが、Windows Vistaで廃止されている。Internet Explorer 4.0から6.0には搭載、7.0で廃止された。 これを用いると、HTMLコンテンツを通常の壁紙として、あるいはそれとは独立したデスクトップアイテムとして設置できる。どちらの場合でも、通常、オンラインで更新・同期されるため、ウェブブラウザを起動することなくウェブサイトの内容の表示を可能としている。 アクティブデスクトップは、デスクトップにカスタマイズにアイテムを設置できるという点で各種デスクトップガジェット技術と同様である。 アクティブデスクトップの使用を停止すると、特に性能の低いPCにおいて性能の向上と僅かながらメモリ使用量の減少が見られる。ディスプレイのプロパティにこの機能を利用するためのチェックボックスが存在する。さらに、にはActiveDesktopを完全に使用禁止にする設定と設定の変更を禁止する設定という2つの設定項目が存在する。 (ja)
  • アクティブデスクトップ (Active Desktop)は、Internet Explorer 4.0のオプションだったに含まれる、デスクトップにHTMLコンテンツを追加できるようにするなどといった機能である。この機能は、Windows 95の機能を拡張するものであり、Windows 98から標準搭載されていたが、Windows Vistaで廃止されている。Internet Explorer 4.0から6.0には搭載、7.0で廃止された。 これを用いると、HTMLコンテンツを通常の壁紙として、あるいはそれとは独立したデスクトップアイテムとして設置できる。どちらの場合でも、通常、オンラインで更新・同期されるため、ウェブブラウザを起動することなくウェブサイトの内容の表示を可能としている。 アクティブデスクトップは、デスクトップにカスタマイズにアイテムを設置できるという点で各種デスクトップガジェット技術と同様である。 アクティブデスクトップの使用を停止すると、特に性能の低いPCにおいて性能の向上と僅かながらメモリ使用量の減少が見られる。ディスプレイのプロパティにこの機能を利用するためのチェックボックスが存在する。さらに、にはActiveDesktopを完全に使用禁止にする設定と設定の変更を禁止する設定という2つの設定項目が存在する。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 531226 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3127 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78759106 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • アクティブデスクトップ (Active Desktop)は、Internet Explorer 4.0のオプションだったに含まれる、デスクトップにHTMLコンテンツを追加できるようにするなどといった機能である。この機能は、Windows 95の機能を拡張するものであり、Windows 98から標準搭載されていたが、Windows Vistaで廃止されている。Internet Explorer 4.0から6.0には搭載、7.0で廃止された。 これを用いると、HTMLコンテンツを通常の壁紙として、あるいはそれとは独立したデスクトップアイテムとして設置できる。どちらの場合でも、通常、オンラインで更新・同期されるため、ウェブブラウザを起動することなくウェブサイトの内容の表示を可能としている。 アクティブデスクトップは、デスクトップにカスタマイズにアイテムを設置できるという点で各種デスクトップガジェット技術と同様である。 アクティブデスクトップの使用を停止すると、特に性能の低いPCにおいて性能の向上と僅かながらメモリ使用量の減少が見られる。ディスプレイのプロパティにこの機能を利用するためのチェックボックスが存在する。さらに、にはActiveDesktopを完全に使用禁止にする設定と設定の変更を禁止する設定という2つの設定項目が存在する。 (ja)
  • アクティブデスクトップ (Active Desktop)は、Internet Explorer 4.0のオプションだったに含まれる、デスクトップにHTMLコンテンツを追加できるようにするなどといった機能である。この機能は、Windows 95の機能を拡張するものであり、Windows 98から標準搭載されていたが、Windows Vistaで廃止されている。Internet Explorer 4.0から6.0には搭載、7.0で廃止された。 これを用いると、HTMLコンテンツを通常の壁紙として、あるいはそれとは独立したデスクトップアイテムとして設置できる。どちらの場合でも、通常、オンラインで更新・同期されるため、ウェブブラウザを起動することなくウェブサイトの内容の表示を可能としている。 アクティブデスクトップは、デスクトップにカスタマイズにアイテムを設置できるという点で各種デスクトップガジェット技術と同様である。 アクティブデスクトップの使用を停止すると、特に性能の低いPCにおいて性能の向上と僅かながらメモリ使用量の減少が見られる。ディスプレイのプロパティにこの機能を利用するためのチェックボックスが存在する。さらに、にはActiveDesktopを完全に使用禁止にする設定と設定の変更を禁止する設定という2つの設定項目が存在する。 (ja)
rdfs:label
  • Active Desktop (ja)
  • Active Desktop (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:replaces of
is foaf:primaryTopic of