Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ATKランチ・システムズ・グループ(英: ATK Launch Systems Group)は、初期にはゴム及び関連した化学製品に携わり、後にロケットとミサイルの推進システムに携わるアメリカ合衆国の企業である。ATKとは親会社のアライアント・テックシステムズ (Alliant Techsystems Inc.) の略(NYSEコード)である。2006年に現在の社名になるまで、社名は一定ではなかったものの常にThiokolの名が入っていた。Thiokolは、同社の最初の製品のポリサルファイド系ポリマーの商品名で、ギリシア語で硫黄を意味するΘειο(theio)と接着剤を意味するκολλα(kolla)の混成語である。日本では、東レによるポリサルファイドポリマのライセンス製品の商標「チオコールLP」があるため「チオコール」と呼ばれることもあるが、ロケット関係をはじめとして一般には「サイオコール」というカタカナ書きが広く使われている(たとえば文科省によるロケット関連の資料等)。この記事では前述の東レの製品以外については「サイオコール」を使っている。同社は、合併・分割・買収・売却を繰り返す間に次のように社名が変わった。 サイオコール・ケミカル(Thiokol Chemical Company) - 設立当初 モートン-サイオコール(Morton-Thiokol Inc.) コーダント・テクノロジー(Cordant Technologies Inc.) サイオコール・プロパルション(Thiokol Propulsion) ATKサイオコール(ATK Thiokol) ATKランチ・システムズ・グループ(ATK Launch Systems Group) ATKエアロスペース・グループ(ATK Aerospace Group) - 2013-2015年2月まで オービタルATK(Orbital ATK Inc.)-2015年2月10日にオービタル・サイエンシズ社と合併。
dbpedia-owl:commonName
  • ATKランチ・システムズ・グループ
dbpedia-owl:foundingYear
  • 1929-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:locationCity
dbpedia-owl:locationCountry
dbpedia-owl:owner
dbpedia-owl:owningCompany
dbpedia-owl:postalCode
  • 84307
dbpedia-owl:purpose
  • ロケットメーカー
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 912111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7267 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 129 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58558949 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主要株主
prop-ja:事業内容
prop-ja:外部リンク
prop-ja:本社所在地
  • ユタ州ブリガムシティー
prop-ja:略称
  • ATKランチ・システムズ
  • サイオコール
  • ランチ・システムズ・グループ
prop-ja:社名
  • ATKランチ・システムズ・グループ
prop-ja:英文社名
  • ATK Launch Systems Group
prop-ja:設立
  • 1929 (xsd:integer)
prop-ja:郵便番号
  • 84307 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ATKランチ・システムズ・グループ(英: ATK Launch Systems Group)は、初期にはゴム及び関連した化学製品に携わり、後にロケットとミサイルの推進システムに携わるアメリカ合衆国の企業である。ATKとは親会社のアライアント・テックシステムズ (Alliant Techsystems Inc.) の略(NYSEコード)である。2006年に現在の社名になるまで、社名は一定ではなかったものの常にThiokolの名が入っていた。Thiokolは、同社の最初の製品のポリサルファイド系ポリマーの商品名で、ギリシア語で硫黄を意味するΘειο(theio)と接着剤を意味するκολλα(kolla)の混成語である。日本では、東レによるポリサルファイドポリマのライセンス製品の商標「チオコールLP」があるため「チオコール」と呼ばれることもあるが、ロケット関係をはじめとして一般には「サイオコール」というカタカナ書きが広く使われている(たとえば文科省によるロケット関連の資料等)。この記事では前述の東レの製品以外については「サイオコール」を使っている。同社は、合併・分割・買収・売却を繰り返す間に次のように社名が変わった。 サイオコール・ケミカル(Thiokol Chemical Company) - 設立当初 モートン-サイオコール(Morton-Thiokol Inc.) コーダント・テクノロジー(Cordant Technologies Inc.) サイオコール・プロパルション(Thiokol Propulsion) ATKサイオコール(ATK Thiokol) ATKランチ・システムズ・グループ(ATK Launch Systems Group) ATKエアロスペース・グループ(ATK Aerospace Group) - 2013-2015年2月まで オービタルATK(Orbital ATK Inc.)-2015年2月10日にオービタル・サイエンシズ社と合併。
rdfs:label
  • ATKランチ・システムズ・グループ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ATK Launch Systems Group
  • ATKランチ・システムズ・グループ
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:開発者 of
is foaf:primaryTopic of