Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ATACS(アタックス、Advanced Train Administration and Communications System)とは東日本旅客鉄道(JR東日本)が開発し、2011年10月現在仙石線(あおば通駅 - 東塩釜駅間)において使用している保安装置である。従来、軌道回路で行っていた列車位置検知を車上検知に変更し地上と車上の通信をデジタル無線で行うのが大きな特徴である。また既存の信号システムにおける自動列車保安装置(ATSやATC)、連動装置、踏切の制御装置を全て内包している保安装置である。また日本初の移動閉塞(クロージング・イン)システムである。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 219867 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13517 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 159 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58756134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ATACS(アタックス、Advanced Train Administration and Communications System)とは東日本旅客鉄道(JR東日本)が開発し、2011年10月現在仙石線(あおば通駅 - 東塩釜駅間)において使用している保安装置である。従来、軌道回路で行っていた列車位置検知を車上検知に変更し地上と車上の通信をデジタル無線で行うのが大きな特徴である。また既存の信号システムにおける自動列車保安装置(ATSやATC)、連動装置、踏切の制御装置を全て内包している保安装置である。また日本初の移動閉塞(クロージング・イン)システムである。
rdfs:label
  • ATACS
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:保安装置 of
is foaf:primaryTopic of