AIBO(アイボ、現名称: aibo)は、ソニーが1999年より販売している、ペットロボット(エンタテインメントロボット)シリーズ。1999年から2006年に販売された製品は全てが大文字のAIBOであったが、2018年にデザインなどを変更して発売された分は全てが小文字のaiboとなった。名称は Artificial Intelligence roBOt の略で、AI(人工知能)、EYE(目、視覚)そして日本語の「相棒」(ローマ字表記: aibou, aibō)にちなむ。別名、Sony Entertainment Robot。 ソニーは本製品を「自律型エンタテインメントロボット」などと公称するが、一般には「ロボット犬」や「犬型ロボット」と呼ばれることが多い。ソニー社内でも、新型については「これでは大きすぎる。とても犬に見えない」などと話しながら、犬としての外見や仕草を持たせるように開発が進められたという 姉妹機として、二足歩行ロボットQRIO (Sony Dream Robot) も開発されていた。

Property Value
dbo:abstract
  • AIBO(アイボ、現名称: aibo)は、ソニーが1999年より販売している、ペットロボット(エンタテインメントロボット)シリーズ。1999年から2006年に販売された製品は全てが大文字のAIBOであったが、2018年にデザインなどを変更して発売された分は全てが小文字のaiboとなった。名称は Artificial Intelligence roBOt の略で、AI(人工知能)、EYE(目、視覚)そして日本語の「相棒」(ローマ字表記: aibou, aibō)にちなむ。別名、Sony Entertainment Robot。 ソニーは本製品を「自律型エンタテインメントロボット」などと公称するが、一般には「ロボット犬」や「犬型ロボット」と呼ばれることが多い。ソニー社内でも、新型については「これでは大きすぎる。とても犬に見えない」などと話しながら、犬としての外見や仕草を持たせるように開発が進められたという 姉妹機として、二足歩行ロボットQRIO (Sony Dream Robot) も開発されていた。 (ja)
  • AIBO(アイボ、現名称: aibo)は、ソニーが1999年より販売している、ペットロボット(エンタテインメントロボット)シリーズ。1999年から2006年に販売された製品は全てが大文字のAIBOであったが、2018年にデザインなどを変更して発売された分は全てが小文字のaiboとなった。名称は Artificial Intelligence roBOt の略で、AI(人工知能)、EYE(目、視覚)そして日本語の「相棒」(ローマ字表記: aibou, aibō)にちなむ。別名、Sony Entertainment Robot。 ソニーは本製品を「自律型エンタテインメントロボット」などと公称するが、一般には「ロボット犬」や「犬型ロボット」と呼ばれることが多い。ソニー社内でも、新型については「これでは大きすぎる。とても犬に見えない」などと話しながら、犬としての外見や仕草を持たせるように開発が進められたという 姉妹機として、二足歩行ロボットQRIO (Sony Dream Robot) も開発されていた。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 466043 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 18223 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81576309 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:alt
  • AIBO ERS-7 (ja)
  • AIBO ERS-7 (ja)
prop-ja:caption
  • AIBO(ERS-7型)で遊ぶ子供 (ja)
  • AIBO(ERS-7型)で遊ぶ子供 (ja)
prop-ja:imsize
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:inventor
  • ソニーのデジタルクリーチャー研究所 、土井利忠によって主導 (ja)
  • ソニーのデジタルクリーチャー研究所 、土井利忠によって主導 (ja)
prop-ja:lastProduction
  • 2014 (xsd:integer)
prop-ja:logo
  • Aibo logo 2018.png (ja)
  • Aibo logo 2018.png (ja)
prop-ja:logosize
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:manufacturer
prop-ja:name
  • Aibo (ja)
  • Aibo (ja)
prop-ja:purpose
  • 娯楽用ロボット (ja)
  • 娯楽用ロボット (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:前番組
  • 100 (xsd:integer)
  • 1314.0
prop-ja:放送局
prop-ja:放送枠
  • 木曜日22:54 - 23:00枠 (ja)
  • 木曜日22:54 - 23:00枠 (ja)
prop-ja:次番組
prop-ja:番組名
  • ピロッポ (ja)
  • (2001.10 - 2002.3) (ja)
  • ピロッポ (ja)
  • (2001.10 - 2002.3) (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • AIBO(アイボ、現名称: aibo)は、ソニーが1999年より販売している、ペットロボット(エンタテインメントロボット)シリーズ。1999年から2006年に販売された製品は全てが大文字のAIBOであったが、2018年にデザインなどを変更して発売された分は全てが小文字のaiboとなった。名称は Artificial Intelligence roBOt の略で、AI(人工知能)、EYE(目、視覚)そして日本語の「相棒」(ローマ字表記: aibou, aibō)にちなむ。別名、Sony Entertainment Robot。 ソニーは本製品を「自律型エンタテインメントロボット」などと公称するが、一般には「ロボット犬」や「犬型ロボット」と呼ばれることが多い。ソニー社内でも、新型については「これでは大きすぎる。とても犬に見えない」などと話しながら、犬としての外見や仕草を持たせるように開発が進められたという 姉妹機として、二足歩行ロボットQRIO (Sony Dream Robot) も開発されていた。 (ja)
  • AIBO(アイボ、現名称: aibo)は、ソニーが1999年より販売している、ペットロボット(エンタテインメントロボット)シリーズ。1999年から2006年に販売された製品は全てが大文字のAIBOであったが、2018年にデザインなどを変更して発売された分は全てが小文字のaiboとなった。名称は Artificial Intelligence roBOt の略で、AI(人工知能)、EYE(目、視覚)そして日本語の「相棒」(ローマ字表記: aibou, aibō)にちなむ。別名、Sony Entertainment Robot。 ソニーは本製品を「自律型エンタテインメントロボット」などと公称するが、一般には「ロボット犬」や「犬型ロボット」と呼ばれることが多い。ソニー社内でも、新型については「これでは大きすぎる。とても犬に見えない」などと話しながら、犬としての外見や仕草を持たせるように開発が進められたという 姉妹機として、二足歩行ロボットQRIO (Sony Dream Robot) も開発されていた。 (ja)
rdfs:label
  • AIBO (ja)
  • AIBO (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of