Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • AGM-12 ブルパップ(英: Bullpup:ブルドッグの仔犬、の意)は、アメリカ合衆国のマーティン・マリエッタによって開発され、初めて量産された空対地誘導ミサイルである。開発当初の名称はASM-N-7であり、アメリカ空軍での名称はGAM-83であった。
dbpedia-owl:aircraftType
  • 空対地ミサイル
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 30000 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 951882 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6285 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53148418 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • アメリカ空軍兵器博物館に展示されているAGM-12D
prop-ja:分類
prop-ja:名称
  • AGM-12 ブルパップ
prop-ja:生産数
  • 30000 (xsd:integer)
prop-ja:生産開始年月日
  • 1955 (xsd:integer)
prop-ja:用途
  • 対地攻撃(橋梁、発電所等固定目標)
prop-ja:画像
  • Image:AGM-12D Bullpup missile on display at Air Force Armament Museum.jpg
prop-ja:製造者
prop-ja:退役年月日
  • 1980 (xsd:integer)
prop-ja:運用状況
  • 退役
prop-ja:運用者More
  • **(アメリカ空軍、アメリカ海軍) **(イギリス空軍、イギリス海軍) **(イスラエル空軍)他
prop-ja:運用開始年月日
  • 1959 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • AGM-12 ブルパップ(英: Bullpup:ブルドッグの仔犬、の意)は、アメリカ合衆国のマーティン・マリエッタによって開発され、初めて量産された空対地誘導ミサイルである。開発当初の名称はASM-N-7であり、アメリカ空軍での名称はGAM-83であった。
rdfs:label
  • AGM-12 (ミサイル)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • AGM-12 ブルパップ
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of