Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • AFCアジアカップ2004は、第13回AFCアジアカップで、開催国は中華人民共和国(以下、中国)であった。アテネオリンピックの直前となる2004年7月17日から同年8月7日にかけて、中国の4都市(北京、重慶、成都、済南)を開催地として試合が行われた。日本がレバノン大会に続いて2連覇を果たし、2005年に開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ・ドイツ大会への出場資格が与えられた。最優秀選手には日本の中村俊輔が選ばれた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 239463 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18865 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58440236 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:aet
  • yes
prop-ja:penalties
  • 宮本恒靖
  • 鈴木隆行
  • アリ・ダエイ
  • 中村俊輔
  • メフディ・マハダヴィキア
  • Andrei Fyodorov
  • Leonid Koshelev
  • Marat Bikmaev
  • アナス
  • アブズマ
  • アラ・フバイル
  • アレクサンドル・ゲインリフ
  • ゴルモハンマディー
  • シュボウル
  • ジャバド・ネクナム
  • セルヴェル・ジェパロフ
  • ハテム
  • バシャル
  • ファイサル
  • ファルハン
  • フセイン・アリ
  • フセイン・ババ
  • モハメド・ジュマ
  • モブアリー
  • ラテブ
  • 三都主アレサンドロ
  • 中澤佑二
  • 中田浩二
  • 孫祥
  • 李霄鹏
  • 福西崇史
  • 肇俊哲
  • 邵佳一
  • 鄭智
prop-ja:penaltyscore
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ゴール数
  • 96 (xsd:integer)
prop-ja:スコア
  • 0 (xsd:integer)
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:優勝回数
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:出場チーム数
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:前回大会
  • AFCアジアカップ2000
prop-ja:前回年度
  • 2000 (xsd:integer)
prop-ja:大会名
  • 2004 (xsd:integer)
  •  AFCアジアカップ2004
prop-ja:得点
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:得点王
  • アラー・フバイル
  • アリ・カリミ
prop-ja:得点者
  • 安貞桓
  • 薛琦鉉
  • 金南一
  • 鈴木隆行
  • アリ・ダエイ
  • 中村俊輔
  • 玉田圭司
  • Begençmuhammet Kulyýew
  • Vladimir Shishelov
  • Wladimir Baýramow
  • アラヴィー
  • アラ・フバイル
  • アラ・フバイル 、
  • アリ・カリミ
  • アリ・ダエイ 、
  • アル・ズボン
  • アレクサンドル・ゲインリフ
  • イマド・アル・ホサニ
  • ウェサム・リジク
  • エリー・アイボイ
  • カーレド・サイード
  • クサイ・ムニール
  • ジャバド・ネクナム
  • ステー・スクサムキット
  • タラル・ユスフ
  • ナザール・バイラモフ
  • ナシャト・アクラム
  • ナーセル
  • ハマド・アル=モンタシャリ
  • ハワル・ムラ・モハメド
  • バシャール・アブドゥッラー
  • バデル・アル・ムトワ
  • ファルハン
  • フセイン・アリ
  • ブディ・スダルソノ
  • ポナリオ・アスタマン
  • マジド・ムハメド
  • ミルジャラル・カースィモフ
  • モハマド・ノスラティ
  • モハメド・シェルバイエ
  • モハメド・フバイル
  • ヤセル・アル・カフタニ
  • ユニス・マフムード
  • ラザク・ファルハン
  • ラシッド
  • ランサン・ビバチャイチョック
  • レザ・エナヤティ
  • 中澤佑二
  • 中田浩二
  • 徐云龙
  • 朴珍燮
  • 李明
  • 李東国
  • 李毅
  • 李金羽
  • 福西崇史
  • 車ドゥリ
  • 邵佳一
  • 郝海東
  • 鄭智
prop-ja:日程
  • --07-17
prop-ja:最優秀選手
  • 中村俊輔
prop-ja:次回大会
  • AFCアジアカップ2007
prop-ja:次回年度
  • 2007 (xsd:integer)
prop-ja:競技場
prop-ja:総入場者数
  • 1020050 (xsd:integer)
prop-ja:観客数
  • 5000 (xsd:integer)
  • 10000 (xsd:integer)
  • 12400 (xsd:integer)
  • 13000 (xsd:integer)
  • 15000 (xsd:integer)
  • 18000 (xsd:integer)
  • 20000 (xsd:integer)
  • 22000 (xsd:integer)
  • 25000 (xsd:integer)
  • 26000 (xsd:integer)
  • 28000 (xsd:integer)
  • 30000 (xsd:integer)
  • 31250 (xsd:integer)
  • 32000 (xsd:integer)
  • 34000 (xsd:integer)
  • 35000 (xsd:integer)
  • 37000 (xsd:integer)
  • 40000 (xsd:integer)
  • 45000 (xsd:integer)
  • 48000 (xsd:integer)
  • 52000 (xsd:integer)
  • 55000 (xsd:integer)
  • 60000 (xsd:integer)
  • 62000 (xsd:integer)
prop-ja:試合数
  • 32 (xsd:integer)
prop-ja:連盟数
  • AFC
prop-ja:都市数
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:開催地数
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:開催日
  • --07-17
  • --07-18
  • --07-19
  • --07-20
  • --07-21
  • --07-22
  • --07-23
  • --07-24
  • --07-25
  • --07-26
  • --07-27
  • --07-28
  • --07-30
  • --07-31
  • --08-03
  • --08-06
  • --08-07
dcterms:subject
rdfs:comment
  • AFCアジアカップ2004は、第13回AFCアジアカップで、開催国は中華人民共和国(以下、中国)であった。アテネオリンピックの直前となる2004年7月17日から同年8月7日にかけて、中国の4都市(北京、重慶、成都、済南)を開催地として試合が行われた。日本がレバノン大会に続いて2連覇を果たし、2005年に開催されるFIFAコンフェデレーションズカップ・ドイツ大会への出場資格が与えられた。最優秀選手には日本の中村俊輔が選ばれた。
rdfs:label
  • AFCアジアカップ2004
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:tenants of
is prop-ja:使用チーム、大会 of
is foaf:primaryTopic of