A440は、中央ハのすぐ上のイである一点イを周波数440Hzとすることであり、一般的な調律の際の音高(ピッチ)の標準である。A=440Hzとも表記する。 A=440Hzが標準となる以前は、多くの国や団体で、オーストリア政府が1885年に勧告したA=435Hzを使用していた。これは1860年代からフランスの標準であったものでもある。 ヨハン・シャイブラーは音高を測定するトノメーターの開発の後、1834年にA=440Hzを標準とすることを推奨した、そしてそれは同じ年にドイツ自然史協会に承認された。アメリカの音楽産業界では1926年にA=440Hzを非公式の標準とし、楽器製造で使用された。1936年に米国規格協会(ASA)は、中央ハの上のイ(一点イ)を440Hzに調律するよう勧告した。1939年にロンドンで行われたISAによる国際会議でA=440Hzが採択された。この標準が1955年に国際標準化機構(ISO)にISO 16として採用された(1975年に再確認)。現在ではA440は音響器材の較正や楽器の調律の標準として用いられている。 ではA4と表記される。これは、A440が属するオクターブが、標準的な88鍵のピアノで4番目のC(ハ)から始まるからである。MIDIでは69である。 ラジオなどの時報では、440Hzの予告音の後に880Hzの音で正時を知らせる。

Property Value
dbo:abstract
  • A440は、中央ハのすぐ上のイである一点イを周波数440Hzとすることであり、一般的な調律の際の音高(ピッチ)の標準である。A=440Hzとも表記する。 A=440Hzが標準となる以前は、多くの国や団体で、オーストリア政府が1885年に勧告したA=435Hzを使用していた。これは1860年代からフランスの標準であったものでもある。 ヨハン・シャイブラーは音高を測定するトノメーターの開発の後、1834年にA=440Hzを標準とすることを推奨した、そしてそれは同じ年にドイツ自然史協会に承認された。アメリカの音楽産業界では1926年にA=440Hzを非公式の標準とし、楽器製造で使用された。1936年に米国規格協会(ASA)は、中央ハの上のイ(一点イ)を440Hzに調律するよう勧告した。1939年にロンドンで行われたISAによる国際会議でA=440Hzが採択された。この標準が1955年に国際標準化機構(ISO)にISO 16として採用された(1975年に再確認)。現在ではA440は音響器材の較正や楽器の調律の標準として用いられている。 ではA4と表記される。これは、A440が属するオクターブが、標準的な88鍵のピアノで4番目のC(ハ)から始まるからである。MIDIでは69である。 A=440Hzがとして、イギリスやアメリカ合衆国では広く使用されている。大陸ヨーロッパでは440Hzから444Hzの間で幅がある。古楽の演奏では、A=440Hzとは異なる基準ピッチが用いられることが多い。現在バロック音楽の演奏にあたっては、A=440Hzより半音低いA=415Hzが最も一般的に用いられている。古楽器#古楽器の調律も参照。 ラジオなどの時報では、440Hzの予告音の後に880Hzの音で正時を知らせる。 (ja)
  • A440は、中央ハのすぐ上のイである一点イを周波数440Hzとすることであり、一般的な調律の際の音高(ピッチ)の標準である。A=440Hzとも表記する。 A=440Hzが標準となる以前は、多くの国や団体で、オーストリア政府が1885年に勧告したA=435Hzを使用していた。これは1860年代からフランスの標準であったものでもある。 ヨハン・シャイブラーは音高を測定するトノメーターの開発の後、1834年にA=440Hzを標準とすることを推奨した、そしてそれは同じ年にドイツ自然史協会に承認された。アメリカの音楽産業界では1926年にA=440Hzを非公式の標準とし、楽器製造で使用された。1936年に米国規格協会(ASA)は、中央ハの上のイ(一点イ)を440Hzに調律するよう勧告した。1939年にロンドンで行われたISAによる国際会議でA=440Hzが採択された。この標準が1955年に国際標準化機構(ISO)にISO 16として採用された(1975年に再確認)。現在ではA440は音響器材の較正や楽器の調律の標準として用いられている。 ではA4と表記される。これは、A440が属するオクターブが、標準的な88鍵のピアノで4番目のC(ハ)から始まるからである。MIDIでは69である。 A=440Hzがとして、イギリスやアメリカ合衆国では広く使用されている。大陸ヨーロッパでは440Hzから444Hzの間で幅がある。古楽の演奏では、A=440Hzとは異なる基準ピッチが用いられることが多い。現在バロック音楽の演奏にあたっては、A=440Hzより半音低いA=415Hzが最も一般的に用いられている。古楽器#古楽器の調律も参照。 ラジオなどの時報では、440Hzの予告音の後に880Hzの音で正時を知らせる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 3344694 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 3409 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81234395 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:description
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:filename
  • Sine wave 440.ogg (ja)
  • Sine wave 440.ogg (ja)
prop-ja:format
prop-ja:title
  • A440 (ja)
  • A440 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • A440は、中央ハのすぐ上のイである一点イを周波数440Hzとすることであり、一般的な調律の際の音高(ピッチ)の標準である。A=440Hzとも表記する。 A=440Hzが標準となる以前は、多くの国や団体で、オーストリア政府が1885年に勧告したA=435Hzを使用していた。これは1860年代からフランスの標準であったものでもある。 ヨハン・シャイブラーは音高を測定するトノメーターの開発の後、1834年にA=440Hzを標準とすることを推奨した、そしてそれは同じ年にドイツ自然史協会に承認された。アメリカの音楽産業界では1926年にA=440Hzを非公式の標準とし、楽器製造で使用された。1936年に米国規格協会(ASA)は、中央ハの上のイ(一点イ)を440Hzに調律するよう勧告した。1939年にロンドンで行われたISAによる国際会議でA=440Hzが採択された。この標準が1955年に国際標準化機構(ISO)にISO 16として採用された(1975年に再確認)。現在ではA440は音響器材の較正や楽器の調律の標準として用いられている。 ではA4と表記される。これは、A440が属するオクターブが、標準的な88鍵のピアノで4番目のC(ハ)から始まるからである。MIDIでは69である。 ラジオなどの時報では、440Hzの予告音の後に880Hzの音で正時を知らせる。 (ja)
  • A440は、中央ハのすぐ上のイである一点イを周波数440Hzとすることであり、一般的な調律の際の音高(ピッチ)の標準である。A=440Hzとも表記する。 A=440Hzが標準となる以前は、多くの国や団体で、オーストリア政府が1885年に勧告したA=435Hzを使用していた。これは1860年代からフランスの標準であったものでもある。 ヨハン・シャイブラーは音高を測定するトノメーターの開発の後、1834年にA=440Hzを標準とすることを推奨した、そしてそれは同じ年にドイツ自然史協会に承認された。アメリカの音楽産業界では1926年にA=440Hzを非公式の標準とし、楽器製造で使用された。1936年に米国規格協会(ASA)は、中央ハの上のイ(一点イ)を440Hzに調律するよう勧告した。1939年にロンドンで行われたISAによる国際会議でA=440Hzが採択された。この標準が1955年に国際標準化機構(ISO)にISO 16として採用された(1975年に再確認)。現在ではA440は音響器材の較正や楽器の調律の標準として用いられている。 ではA4と表記される。これは、A440が属するオクターブが、標準的な88鍵のピアノで4番目のC(ハ)から始まるからである。MIDIでは69である。 ラジオなどの時報では、440Hzの予告音の後に880Hzの音で正時を知らせる。 (ja)
rdfs:label
  • A440 (ja)
  • A440 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of