Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 9x19mmパラベラム弾(9ミリパラベラムだん、9x19mm Parabellum)、9mmルガー弾(9ミリルガーだん、9mm Luger)、9x19mm NATO弾は、ドイツの複数の銃器・弾薬製造会社が合併して設立されたドイツ武器弾薬工業(DWM)が開発した、拳銃用の実包(カートリッジ)である。7.65mmルガー弾の強化版である。弾体直径9mm、薬莢(ケース)の長さが19mmなので「9x19」とも表示される。9x19mmパラベラム弾は比較的反動が弱い一方で、非常にフラットな弾道を示す特徴がある。この実包の優れた点は、小さく、多弾装化が容易であることと、製造するのに大した原料を必要としないところにある。現在では世界で最も広く使用されている弾薬であり、民間でもこの弾を使用する小火器が広く使用されている。さらには第二次世界大戦以降、世界で使用されるサブマシンガン用弾薬の主流でもある。パラベラムの名はラテン語の諺「Si Vis Pacem, Para Bellum」(平和を望むならば戦いに備えよ)に由来している。そしてこれはDWMのモットーでもあった。価格は50発12ドル(2012ウォルマート調べ)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 744727 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3404 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58664217 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:balsrc
  • Federal Cartridge
prop-ja:base
  • 9.930000 (xsd:double)
prop-ja:btype
prop-ja:bullet
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:bw
  • 7.500000 (xsd:double)
  • 8 (xsd:integer)
  • 9.500000 (xsd:double)
prop-ja:bwunit
  • gram
prop-ja:caption
  • 通常弾(左)とホローポイント弾(右)
prop-ja:caseLength
  • 19.150000 (xsd:double)
prop-ja:caseType
  • リムレス, ストレージ
prop-ja:designDate
  • 1901 (xsd:integer)
prop-ja:designer
prop-ja:en
  • 442 (xsd:integer)
  • 483 (xsd:integer)
  • 494 (xsd:integer)
prop-ja:isSiBallistics
  • yes
prop-ja:isSiSpecs
  • yes
prop-ja:length
  • 29.690000 (xsd:double)
prop-ja:name
  • 9 (xsd:integer)
prop-ja:neck
  • 9.650000 (xsd:double)
prop-ja:parent
  • 7.650000 (xsd:double)
prop-ja:primer
  • Small pistol
prop-ja:productionDate
  • 1902 (xsd:integer)
prop-ja:rimDia
  • 9.960000 (xsd:double)
prop-ja:testBarrelLength
  • 102.0
prop-ja:type
  • 拳銃弾
prop-ja:vel
  • 300 (xsd:integer)
  • 350 (xsd:integer)
  • 360 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 9x19mmパラベラム弾(9ミリパラベラムだん、9x19mm Parabellum)、9mmルガー弾(9ミリルガーだん、9mm Luger)、9x19mm NATO弾は、ドイツの複数の銃器・弾薬製造会社が合併して設立されたドイツ武器弾薬工業(DWM)が開発した、拳銃用の実包(カートリッジ)である。7.65mmルガー弾の強化版である。弾体直径9mm、薬莢(ケース)の長さが19mmなので「9x19」とも表示される。9x19mmパラベラム弾は比較的反動が弱い一方で、非常にフラットな弾道を示す特徴がある。この実包の優れた点は、小さく、多弾装化が容易であることと、製造するのに大した原料を必要としないところにある。現在では世界で最も広く使用されている弾薬であり、民間でもこの弾を使用する小火器が広く使用されている。さらには第二次世界大戦以降、世界で使用されるサブマシンガン用弾薬の主流でもある。パラベラムの名はラテン語の諺「Si Vis Pacem, Para Bellum」(平和を望むならば戦いに備えよ)に由来している。そしてこれはDWMのモットーでもあった。価格は50発12ドル(2012ウォルマート調べ)
rdfs:label
  • 9x19mmパラベラム弾
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:notableWorks of
is foaf:primaryTopic of