96式装輪装甲車(きゅうろくしきそうりんそうこうしゃ、英語: Type 96 Armored Personnel Carrier)は、陸上自衛隊が73式装甲車の後継車両として1992年から小松製作所が開発を開始し、1996年に制式化された装輪装甲車。陸上自衛隊で初めて制式採用された装輪装甲人員輸送車でもある。 防衛省は愛称を「クーガー」として広報活動に使用しているが、隊員は「96」、「96W」、「96WAPC」、「WAPC」、「W」等と呼んでいる。

Property Value
dbo:abstract
  • 96式装輪装甲車(きゅうろくしきそうりんそうこうしゃ、英語: Type 96 Armored Personnel Carrier)は、陸上自衛隊が73式装甲車の後継車両として1992年から小松製作所が開発を開始し、1996年に制式化された装輪装甲車。陸上自衛隊で初めて制式採用された装輪装甲人員輸送車でもある。 防衛省は愛称を「クーガー」として広報活動に使用しているが、隊員は「96」、「96W」、「96WAPC」、「WAPC」、「W」等と呼んでいる。 (ja)
  • 96式装輪装甲車(きゅうろくしきそうりんそうこうしゃ、英語: Type 96 Armored Personnel Carrier)は、陸上自衛隊が73式装甲車の後継車両として1992年から小松製作所が開発を開始し、1996年に制式化された装輪装甲車。陸上自衛隊で初めて制式採用された装輪装甲人員輸送車でもある。 防衛省は愛称を「クーガー」として広報活動に使用しているが、隊員は「96」、「96W」、「96WAPC」、「WAPC」、「W」等と呼んでいる。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 197468 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14806 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81257567 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • left (ja)
  • left (ja)
prop-ja:caption
  • 12.700000 (xsd:double)
  • 96 (xsd:integer)
  • dbpedia-ja:陸上自衛隊広報センター
  • イラク派遣仕様と同じ日の丸と国名の表記が施されている。 (ja)
  • 福島第一原発職員が全員撤退する事態になったとき、中央即応連隊が救出作戦を行えるよう改造されている。車両の上に人が登り易いよう、踏み台、ロープ、落下防止の手すりが取り付けられ、拡声器も外付けしていた。戦車部隊配備の車両もかき集め、数両がこの仕様に改造された。 (ja)
  • 東日本大震災における災害派遣で除染を受ける96式装輪装甲車。 (ja)
  • ガラス窓風防を取り付けた試作車 (ja)
  • 各ハッチを開いた状態 (ja)
  • 後方より (ja)
  • 走行する96式装輪装甲車 (ja)
  • 車内の様子 (ja)
prop-ja:date
  • 2020-03-25 (xsd:date)
prop-ja:direction
  • horizontal (ja)
  • vertical (ja)
  • horizontal (ja)
  • vertical (ja)
prop-ja:image
  • 23.400000 (xsd:double)
  • JGSDF APC Type 96 001.JPG (ja)
  • JGSDF APC Type 96 at JGSDF Camp Matsudo 01.jpg (ja)
  • JGSDF APC Type 96 at JGSDF Camp Matsudo 02.jpg (ja)
  • JGSDF APC Type 96 at JGSDF Camp Shimoshizu 01.jpg (ja)
  • JGSDF APC Type 96 at JGSDF PI center 1.jpg (ja)
  • JGSDF Type96 APC 20120408-01.JPG (ja)
  • JGSDF Type96 APC 20120429-01.JPG (ja)
  • Type96 40mm Automatic Grenad Gun on Vehicle.JPG (ja)
  • Image-JGSDF APC Type 96 at JGSDF PI center 3 rear.jpg (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • 三菱 6D40 液冷4ストローク直列6気筒OHV24バルブターボチャージド・ディーゼル (ja)
  • 三菱 6D40 液冷4ストローク直列6気筒OHV24バルブターボチャージド・ディーゼル (ja)
prop-ja:全幅
  • 2.48 m (ja)
  • 2.48 m (ja)
prop-ja:全長
  • 6.84 m (ja)
  • 6.84 m (ja)
prop-ja:全高
  • 1.85 m (ja)
  • 1.85 m (ja)
prop-ja:出力
  • 360 (xsd:integer)
  • トランスミッションは5AT(前進5速、後進2速) (ja)
prop-ja:出力重量比
  • 24.800000 (xsd:double)
prop-ja:名前
  • 96 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:行動距離
  • 500 (xsd:integer)
prop-ja:装甲
  • 圧延鋼板 (ja)
  • 圧延鋼板 (ja)
prop-ja:速度
  • 100.0
prop-ja:重量
  • 14.5
dct:subject
rdfs:comment
  • 96式装輪装甲車(きゅうろくしきそうりんそうこうしゃ、英語: Type 96 Armored Personnel Carrier)は、陸上自衛隊が73式装甲車の後継車両として1992年から小松製作所が開発を開始し、1996年に制式化された装輪装甲車。陸上自衛隊で初めて制式採用された装輪装甲人員輸送車でもある。 防衛省は愛称を「クーガー」として広報活動に使用しているが、隊員は「96」、「96W」、「96WAPC」、「WAPC」、「W」等と呼んでいる。 (ja)
  • 96式装輪装甲車(きゅうろくしきそうりんそうこうしゃ、英語: Type 96 Armored Personnel Carrier)は、陸上自衛隊が73式装甲車の後継車両として1992年から小松製作所が開発を開始し、1996年に制式化された装輪装甲車。陸上自衛隊で初めて制式採用された装輪装甲人員輸送車でもある。 防衛省は愛称を「クーガー」として広報活動に使用しているが、隊員は「96」、「96W」、「96WAPC」、「WAPC」、「W」等と呼んでいる。 (ja)
rdfs:label
  • 96式装輪装甲車 (ja)
  • 96式装輪装甲車 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of