8.8cm FlaK 18/36/37は、第二次世界大戦前よりドイツ国防軍で使用され、同盟国にも輸出された、口径8.8cmの高射砲である。 ドイツ語では 8.8 cm Flugabwehrkanone(「対航空機砲」の意) と呼ばれる。口径からドイツ軍将兵は「Acht-Acht(ドイツ語で「8-8」の意味、カタカナ表記では「アハト・アハト」が一般的)」、連合軍将兵はeighty-eight(88)と通称した。

Property Value
dbo:abstract
  • 8.8cm FlaK 18/36/37は、第二次世界大戦前よりドイツ国防軍で使用され、同盟国にも輸出された、口径8.8cmの高射砲である。 ドイツ語では 8.8 cm Flugabwehrkanone(「対航空機砲」の意) と呼ばれる。口径からドイツ軍将兵は「Acht-Acht(ドイツ語で「8-8」の意味、カタカナ表記では「アハト・アハト」が一般的)」、連合軍将兵はeighty-eight(88)と通称した。 (ja)
  • 8.8cm FlaK 18/36/37は、第二次世界大戦前よりドイツ国防軍で使用され、同盟国にも輸出された、口径8.8cmの高射砲である。 ドイツ語では 8.8 cm Flugabwehrkanone(「対航空機砲」の意) と呼ばれる。口径からドイツ軍将兵は「Acht-Acht(ドイツ語で「8-8」の意味、カタカナ表記では「アハト・アハト」が一般的)」、連合軍将兵はeighty-eight(88)と通称した。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 276910 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 11796 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80962011 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 8.8cm FlaK 18/36/37は、第二次世界大戦前よりドイツ国防軍で使用され、同盟国にも輸出された、口径8.8cmの高射砲である。 ドイツ語では 8.8 cm Flugabwehrkanone(「対航空機砲」の意) と呼ばれる。口径からドイツ軍将兵は「Acht-Acht(ドイツ語で「8-8」の意味、カタカナ表記では「アハト・アハト」が一般的)」、連合軍将兵はeighty-eight(88)と通称した。 (ja)
  • 8.8cm FlaK 18/36/37は、第二次世界大戦前よりドイツ国防軍で使用され、同盟国にも輸出された、口径8.8cmの高射砲である。 ドイツ語では 8.8 cm Flugabwehrkanone(「対航空機砲」の意) と呼ばれる。口径からドイツ軍将兵は「Acht-Acht(ドイツ語で「8-8」の意味、カタカナ表記では「アハト・アハト」が一般的)」、連合軍将兵はeighty-eight(88)と通称した。 (ja)
rdfs:label
  • 8.8 cm FlaK 18/36/37 (ja)
  • 8.8 cm FlaK 18/36/37 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of